ウィキニュース:記者室

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
記者室
2017年3月19日

記事数:1,102
ページを更新

こちらは記者室です。ウィキニュースのコミュニティをご紹介します。どなたでも記事を編集作成できます。編集中の記事の一覧は編集室で見ることができます。編集の練習には練習帳が便利です。

赤提灯では、技術的事項や方針・活動について話し合っています。よろしければアカウントを作成してください。

ウィキニュースについて手引き・情報源最近のウィキニュース

投票意見募集中編集室分室今週のヒントポータル


最近のウィキニュース

[編集]


編集室分室

編集室からの一部紹介と、意見や編集、削除を必要とする記事を案内しています。

執筆中の記事

査読

執筆


新しく記事を執筆

ニュースを書く

新しく書く記事の名前を入力して、ボタンを押してください。


記事を書く前に新しいページをチェックして、あなたの書きたい記事がすでにないか確かめてみてください。

困ったときは記事の書き方を見てください。

練習帳では試し書きができます。

スタブ
翻訳依頼
コメント依頼
準備中
整理依頼
放棄
議論中
削除依頼

投票

[編集]

現在、投票中の項目はありません。


意見募集中

赤提灯ほか、リンク先で議論をしています。ウィキニュース:お知らせにも意見を募集している議論がありますので、あわせて参照してください。 [編集]

ユーザビリティ向上
  • 現在この話題の案件はありません
運営方針の整備(全般)
  • 現在この話題の案件はありません
執筆方針の整備
  • 現在この話題の案件はありません
カテゴリ・記事の整備
  • 現在この話題の案件はありません
記事名の付け方
  • 現在この話題の案件はありません

今週のヒント

情報源を記事の中にも書く
ウィキニュースはニュースソースを明らかにすることを方針にしています。そのために情報源欄を使い、ウェブや新聞記事や放送、あるいは独自の取材によるインタビューといった情報の出所を記録します。けれども情報源欄に書いただけでは十分でない場合もあります。とくに、情報源にある表現をそのまま用いるときには注意が必要です。場合によっては、転載とみなされるかもしれません。そういうときは、何を情報源にしたかを、記事の中に明確に書きます。「台風7号が上陸した」ではなく「台風7号が上陸したと気象庁が発表した」と書くのです。これは記事の信頼性を高めることにつながります。また情報源を明確にすることは、公正な引用の条件のひとつです。

せっかく書いた記事を無駄にしないためにも、情報源の表示は明確に行いましょう。