ウィキニュース:削除の方針

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)

jawp jawt jawb jawq jawn jaws

Green check.png この文書はウィキニュース日本語版の公式な方針です。多くの利用者に支持されていて、すべての利用者が従うべきだと考えられています。必要に応じて編集することは可能ですが、その変更はコミュニティーの合意を反映している必要があります。大きな変更を加える場合は、トークページで提案してください。

この文書は
ウィキニュースの基本方針とガイドライン
のうちの1つです。

中立的な観点
内容についての指針
スタイルマニュアル

利用規約
投稿ブロックの方針
情報源
著作権
削除の方針
画像利用の方針
独自の取材
保護の方針
半保護の方針

最初に考えること[編集]

ウィキニュースを使う人は誰でも、記事の削除を依頼することができます。ウィキニュース:削除依頼ページに、削除したらいいか、しない方がいいのかを議論するおおまかな方法が書いてあります。削除を実行できるのは管理者だけです。

ページを削除するには、下の方針に従い、削除の必要があるとコミュニティーが合意する必要があります。もしここの方針に不都合があると感じたら、このページのノートに改善策を提示したり話し合ったりしてください。

またいったん削除されたページの復帰についても、この文書で取り扱います。

以下では主に記事について説明します。ただし、その他のページにも、この規定を準用します。

疑わしきは....[編集]

削除は最後の手段です。削除依頼をする前に考えてください。それは、削除せずに修正で解決することはできないのか。本当に削除の候補とする以外方法はないのか、それとも簡単で素早い解決であるように見えているだけなのか。

他の方法をまず試してください。例えば、ウィキニュース:Template メッセージの一覧のテンプレートを貼るとか、記事を移動する - たとえば利用者ページのサブページに - とか。その問題について、じっくりと考えましたか? 書き直そうといろいろやってみましたか? あなたはただ、書き直したいけど時間がないから削除しようとしているのではないですか?

ウィキであると言うことは、オープンで誰でも簡単に編集することができるということで、ウィキニュースの正しい解決方法は、普通は、記事を直すことです。もし、あなた自身時間が取れないのであっても、それは他の人も時間が取れない、ということではありません。もし、自分の時間を割くことができなければ、どうか他の人が編集してくれるように注意を引くことをしてみてください。そうすれば削除依頼をしなくてもすむはずです。

削除の基本方針を知っていますか、それとも削除した方がいいように思っているだけですか? 記事を書いた人は、そのために時間を費やしているのですから、他に方法があるのに時間が無駄になってしまうようなことは、見たくはありません。ただ直感で削除依頼しようとするような行為は、好ましくありません。

削除からの救済方法 — まずここを読んでください![編集]

ページは本当に削除依頼すべきでしょうか。次の表をみて、問題のページについてどうしたらいいか見つけてください。


削除すべきでない問題
ページの問題 解決方法 このテンプレートを貼る
何らかの情報に関して、記事が他の記事と重複している
同じ出来事に対して同じ角度から扱っている場合には、記事の統合をする {{統合|統合の対象となるページ|議論が行われている記事}}
改良が必要
タグを貼る(編集室にリストアップされます) {{整理依頼|理由}}
観点が偏っている
タグを貼る(編集室にリストアップされます) {{観点}}
記事の内容や事実の正確さに異議がある
タグを貼る(編集室にリストアップされます) {{正確性}}
記事には独自の情報が多いが、部分的に著作権侵害の可能性が認められる
著作権侵害の可能性がなくなるように書き直すことができればそうしてください。もし時間がなければ{{整理依頼|理由}}タグを貼って誰かに書き直してもらえるようにしてください。ウィキニュース:著作権を読んでください。 {{整理依頼|著作権侵害の可能性}}
記事情報のウラが取れない
どうしても情報の確認が取れなければ、{{公開中}}が貼ってあればはずし、{{情報源不明}}を貼ってください。編集室にリストアップされます。 {{情報源}}
ふさわしくない利用者ページ
利用者と話し合ってみてください。うまくいかなければここに戻ってください。  
破壊行為
リバートしてください。必要なら管理者連絡帳に報告してください。  
迷惑な利用者 赤提灯で他のユーザに意見を求めてください。でもまずは冷静に。  

削除依頼すべきケース[編集]

以下は、ウィキニュースのコミュニティーで削除が受け入れられるようなケースです。どのケースも、ウィキニュース:削除依頼のプロセスに従って検討されなければなりません。表には、まずやってみるべき削除以外の方法も書かれています。

削除が受け入れられるようなケース
ページの問題 解決方法
  • 事実に基づくニュース記事でない、意見表明
  • 内容が完全に過去のもので、現在の出来事ではない
  • ニュースバリューがない
  • 価値のある内容のない放棄された未完成記事
  • 価値のある内容のない放棄された議論の余地のある記事
  • 整理依頼などの後に、利用者ページ上に以前の不適当な内容が投稿されたとき
削除依頼に出してください。
不要なリダイレクト
移動の残骸などによって生じた公開前のリダイレクトは即時削除できます。公開後の移動で生じたダイレクトに関しては荒らしなどを除いて基本的に削除できません。これ以外で何か問題がある場合は削除依頼に出してみてください。
著作権を侵害する部分が含まれていて、修正することもその部分を省略することもできない場合
{{著作権侵害|URL}}を貼って、削除依頼に出しましょう。その際問題をわかりやすく説明してください。
カテゴリが混乱している
削除依頼にまとめて出して、どうしたいのか説明してください。別々に出さないでください。
記事が即時削除の方針の対象の場合
たとえば次のような場合です。
{{即時削除}}または{{Db|理由}}を貼ってください。自動的にCategory: 即時削除カテゴリに入ります。
カテゴリの問題 解決方法
  • 自作かつ未使用のカテゴリ
  • 合意なく勝手に作られた未使用カテゴリ
即時削除を依頼出来ます。{{即時削除}}または{{Db|理由}}を貼ってください。
  • その他の問題があるカテゴリ
削除依頼を出してください。

よく出される削除依頼に関する背景説明とヒント[編集]

著作権侵害の疑い
ウィキニュース:赤提灯で相談
ウィキペディアのページ: 著作権 | フェアユース | フェアリーディング
法律は国、地域により様々です。ウィキニュースは法律が、それが起きた場所や、情報源の権利が侵害された場所や、具体的にウィキニュースのサーバーがおかれている場所や、ウィキニュースの管理をする場所や、それらが複合的に行われる場所の法律が適用されることを前提にしています。
名誉毀損
記述されていることは、事実の記載であることが明白で、公開することが公益につながる情報ですか。もしあるならば、そうした公益性は、中傷がもたらす不利益を相殺しえるでしょう。(この文は英語版の翻訳ですが、翻訳の不十分さのせいか、日本語版にはそぐわないと思われる部分があります。そのままに受け取らないでください。
法律は国、地域により様々です。ウィキニュースは法律が、事件が起きた場所や、情報源の権利が侵害された場所や、具体的にウィキニュースのサーバーがおかれている場所や、ウィキニュースの管理をする場所や、それらが複合的に行われる場所の法律が適用されることを前提にしています。
中傷的表現を使わなくても記事の内容を十分に書くことができるのであれば、中傷的な表現を削ってはどうでしょうか。言い換えをしたら、主張が弱まるでしょうか?
緊急削除
コミュニティの合意があり、かつ法的権利に関わる案件は、審議期間の終了を待たずに削除を行うことができます。
当面の間、私人のプライバシーにかかわる投稿、法的な権利が損なわれている当事者から削除の依頼があった場合などに、この規定を適応します。
表現の自由
ウィキペディアのページ:表現の自由
表現の自由の権利は絶対ではありません。しかし、出版の自由は、民主主義の根本理念です。私たちはこの責務の観点から決定をするべきです。

いったん削除された記事の復帰[編集]

2010年2月追加

いったん削除されたページが、実は削除する必要のないものであったことが後に判明する場合があります。そのようなときには、ウィキニュース:削除依頼で復帰の依頼を行ってください。

  • 即時削除されたページは、管理者の判断でただちに復帰することが出来ます。
  • 削除依頼等、通常の削除が行われたページを復帰するには、ウィキニュース:削除依頼での合意が必要です。一週間の審議を行い。コミュニティが合意すればページは復帰されます。ただし元のページが法的問題の懸念によって削除(著作権侵害・名誉毀損等)された場合は、復帰の対象とはなりません。


情報源[編集]

この方針の情報源は、英語版ウィキペディアw:en:Wikipedia:Deletion policyを改変して作成された英語版ウィキニュースen:Wikinews:Deletion guidelinesの翻訳(一部改変)です。

関連項目[編集]