ウィキニュース:即時削除の方針

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)

jawp jawt jawb jawq jawn jaws

Green check.png この文書はウィキニュース日本語版の公式な方針です。多くの利用者に支持されていて、すべての利用者が従うべきだと考えられています。必要に応じて編集することは可能ですが、その変更はコミュニティーの合意を反映している必要があります。大きな変更を加える場合は、トークページで提案してください。

趣旨[編集]

ウィキニュースの管理者はページを削除する権限を持ちます。他の管理者権限の行使と同様、削除はコミュニティの意思を反映して行われます。そのため原則として削除は案件ごとにウィキニュース:削除依頼で数日かけて審議されます。

これに対して、即時削除では、管理者が自分の判断でただちに削除を行います。管理者以外の利用者は、{{即時削除}}または{{Db|理由}}を貼ることによって、管理者に即時削除を依頼することができます。即時削除の対象となるのは、取っておくだけの価値がないことが、誰の目にも明らかなページである、とあらかじめコミュニティが合意しているページです。

この文書では以下、即時削除の対象となる「削除して構わないページ」とは何かを説明します。

あなたが議論の余地なく消して構わないページだと考えても、この文書で現在即時削除の対象にならないようなものは、ウィキニュース:削除依頼を使うか、他の方法を考えてみてください(利用者ページのサブページにするとか、編集をするとか)。もちろん、誰でもこの方針の内容を変えることを提案することができます。

いっぽう、依頼者や管理者が議論の余地なく消して構わないページだと判断したものでも、判断が間違っている場合がありえます。そのようなときにはウィキニュース:削除依頼で復帰の依頼を行ってください。即時削除されたページは、管理者の判断でただちに復帰することが出来ます。

即時削除のケース[編集]

管理人は次の最低でもひとつの基準に合致した場合には、ページを削除することができます。常にリンク元をみて、削除によってリンク切れが起こらないかどうか、チェックします。リンクがあるようなら、解消したり、より適切なページへリンクを張り替えてください。

記事[編集]

常にまずページ履歴を見て、リバートできないかをチェックします。リバートで対応きれば、削除する必要がありません。

  1. 意味のある内容も履歴もない(たとえば、ランダムな言葉や文字)。無意味な記述参照
  2. テストのページ(たとえば、「ページ作れるかな?」)
  3. 純粋な荒らし
  4. 内容のない非常に短いページ(たとえば、「おかしな人が歩いていた」)
  5. 移動の残骸 ただしRSS配信された公開中の記事を移動した場合を除きます。
  6. 広告やスパム
  7. 他の人が編集に加わっていない記事を、自分で削除依頼するとき。
  8. 明白な悪ふざけ、パロディー、エイプリルフールのような悪ふざけやフィクションは、ウィキニュースの信用を傷つけます。このような場合には、それを書いた利用者のサブページに移動することが望ましい方法です。
  9. 削除の方針に従って一度削除された記事がそのまま或いはほとんど同じ内容で再び投稿された場合(これは、復帰の方針に従って復帰する場合を除きます)
  10. ニュースに見えない外国語の記事(ニュースであるならば、ふさわしい言語版があればそこに移動します)

もちろん、練習帳はこの決まりの例外です。普通はこの基準に合致していても、削除すべきではありません。

また公開中の記事は、URLがRSS配信で公開されているため、移動の残骸であっても即時削除は慎重に行ってください。ただし荒らしによる移動の場合を除きます。

リダイレクト[編集]

リダイレクトは有効な履歴がなければ次の基準により即時削除することができます。

  1. リダイレクト先のページがないとき。削除する前に、リダイレクト先を変えることで利用できるようにならないかをチェックします。
  2. 利用者ページを移動したことによって記事空間の外部からリダイレクトしている場合。しばしば新しいウィキニュージーが利用者ページを通常記事空間に作成することがあります。リダイレクトの処理が終わるまで、数日間待ってから削除してください。
  3. 「公開中」の記事としてメインページに載せられたことがないとき、とくにRSS配信されていないとき。
  4. 記事名を間違えて作った後の移動の残骸
  5. 荒らしの結果のリダイレクト。たとえば意味のないページ名への移動を回復したとき、いったん移動していた意味のないページ名からの移動の残骸

公開後の移動などによるリダイレクトで、削除してはならないリダイレクトページはウィキニュース:削除してはならないリダイレクトページにリストします。

他のページ[編集]

  1. IP利用者 (ログインされていない利用者) の会話ページで、その内容が関係のない時(IP利用者を混乱させないこと)
  2. 記事もサブカテゴリもない空のカテゴリや、親カテゴリへのリンクだけのもの。
  3. 利用者ページのサブページや会話ページのサブページを、その利用者が削除したいとき。
  4. 利用者ページや会話ページを、利用者本人から削除依頼するとき。他者への悪口がなく、管理上必要のない場合に限る。必要ならリダイレクトを作成して、赤リンクを避けるようにすること。
  5. コモンズ画像を呼び出している画像ページ

即時削除されたページの復帰[編集]

依頼者や管理者が議論の余地なく消して構わないページだと判断したものでも、判断が間違っている場合がありえます。そのようなときにはウィキニュース:削除依頼で復帰の依頼を行ってください。即時削除されたページは、管理者の判断でただちに復帰することが出来ます。