ウィキニュース:短信

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
Padlock-silver.svg

このページは半保護の方針に基づき半保護されています。アカウントを持たない匿名利用者、およびアカウントを作成したばかりの新規利用者は編集できません。

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

[編集]

2017年6月25日(日)

2017年6月24日(土)

2017年6月23日(金)

  • (文化・ひと)フリーアナウンサー・タレントで、歌舞伎俳優・市川海老蔵氏夫人の小林麻央さんが6月22日死去したことがわかった。34歳。小林さんは2010年に海老蔵氏と結婚したが、2016年6月に海老蔵氏から、2014年秋ごろから乳がんの治療を受けたことを明かし、「比較的深刻な状況。進行性のがんで、夫婦で受けた人間ドッグでわかった。かなりスピードが速く、なかなか大変なものではとお医者様からご意見をいただいた」と述べている。2016年にはイギリスBBCの主催する「100人の女性」にも選ばれたことがある。麻央さんは2016年9月より闘病記をブログで公開。今年1月には日本テレビの番組で「もし、私がこの病気を乗り越えた時、海老蔵氏とは病気する前よりもちょっといいパートナーになれたんじゃないか。役者・市川海老蔵を支えるチャンスを神様くださいっていつも思うんです。主人(海老蔵氏)と結婚したからこそ今こうやって生きられる。そうじゃなかったら死んでたかもしれない。すごく感謝してます」と述べていた。6月20日にオレンジジュースを口にしていることをつづったブログが最期となった - 朝日新聞

2017年6月22日(木)

2017年6月21日(水)

  • (文化・スポーツ・ひと)6月20日(UTC+9加藤一二三九段が現役引退となった。加藤九段の現役生活は史上最長。日本将棋連盟を通じてコメントを出した棋士のひとりである羽生善治三冠は「現役生活63年は空前絶後の大記録です。長年に渡りお疲れ様でした」とコメントしている。 - NHKニュース
  • (スポーツ)将棋の藤井聡太四段が、6月21日に大阪市で行われた王将戦の1次予選リーグで、澤田真吾六段を下し、デビューからの公式戦28連勝をマークし、1987年に神谷広志八段の記録に並んだ。6月26日に行われる竜王戦決勝トーナメントで新記録に挑む - スポーツニッポン
  • (スポーツ)Jリーグが2018年度からJ1・J2入れ替え戦の復活する方針を固めた。J2の3-6位を対象としたJ1昇格プレーオフを勝ち抜いて昇格した4クラブはいづれも2013-16年の翌シーズンは1年で降格しており、J1のレベル低下が懸念材料となっていたが、このプレーオフを勝ち抜いたチームは2018年度から入れ替え戦を勝ち抜かないと昇格できない仕組みになるという - 朝日新聞

2017年6月20日(火)

  • (経済)小池百合子東京都知事は、築地市場豊洲移転について、6月20日の会見で正式に豊洲移転の意向を明らかにした。ただし移転時期は明言せず、築地市場についても5年後をめどに再開発に着手し、市場機能を持たせて豊洲との2カ所併存も視野に入れることも検討しているという - 時事通信
  • (スポーツ)将棋加藤一二三(ひふみ)九段が、6月20日に行われた竜王戦6組昇級決定戦で、高野智史四段に敗れ、77歳の現役最長老棋士の現役引退が正式決定した。加藤氏は1954年に当時14歳で、史上初の中学生プロ棋士としてデビューを果たし、藤井聡太四段が今年62年ぶりに塗り替えるまで、長く史上最年少プロデビューの記録を残した。その後、順位戦で驚異の4期連続昇級を達成、18歳でA級に昇格を達成し「神武以来の天才」とたたえられた。1982年、名人位を獲得し、以後、十段3期、棋王2期、王将王位各1期の8期のタイトルを獲得し、史上最多の2505戦、史上3位の1324勝などを記録したが、今年1月の順位戦の最下位・C級2組で3度目の降級となることから、規定によりプロ棋士を引退することが決定していた - スポーツ報知

2017年6月19日(月)


アーカイブ 2017年6月2017年5月2017年4月 | すべての短信