短信:2019年/2月

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
  • このページを更新する。
2月(如月)
<1月-3月>
  1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
2018年-2019年-2020年
WP

2019年2月1日

  • (社会・文化)俳優新井浩文容疑者(40 本名・朴慶培=パク・キョンべ)が、2018年7月、派遣型マッサージ店の女性従業員(30代)に自宅のマンションで強制性的暴行を加えた容疑で2月1日までに警視庁捜査一課に逮捕された。新井容疑者は一部容疑を認めている。同容疑者はテレビ出演も数多いが、フジテレビでは2月6日に放送される予定だったBSフジの番組を別番組に差し替える処置をとるなど対応に追われた - デイリースポーツ
  • (政治・ひと)職員に対し暴言を吐いたことが問題となった、明石市泉房穂市長は2月1日、同2日付で辞職願いを提出し、市役所で会見し「リーダーとしての資質に欠けた」として辞職についての理由を述べた。なおそのうえで辞職に伴う(出直し)市長選への参戦は言及していない - 読売新聞


2019年2月2日

  • (社会)野田市の小学4年の女子児童(当時10)が自宅浴室で父親(41 傷害罪で逮捕)に暴行を加えられ死んだ事件で、「先生、どうにかできませんか」と書いた学校のアンケートをコピーしたものを同市が2月1日公開した。欄外には当時担任だった教諭が暴力の内容を聞き取り「けられて今もいたい」「なぐられる10回(こぶし)」などと書き込まれてあった - 産経新聞
鳥栖スタジアム改め駅前不動産スタジアム(駅スタ)
秋田市八橋(やばせ)陸上競技場。命名権公募企業がなく、再募集が予定されている
  • (スポーツ)J1サガン鳥栖の本拠地・鳥栖スタジアム佐賀県)の命名権を、久留米市駅前不動産ホールディングスと正式に締結し、2月1日から「駅前不動産スタジアム」(駅スタ)とすることが発表された。契約は2022年1月末までの3年で契約金は総額9200万円 - 佐賀新聞
    • (上記関連)一方、J3ブラウブリッツ秋田が今シーズンから暫定的に本拠とする予定の秋田市八橋(やばせ)陸上競技場の命名権について、秋田市は応募企業・団体が今回もなかったと明らかにした。同スタジアムは年間500万円以上で今年4月から2022年3月の3年間の契約を求めており、2018年12月10日から今年の1月18日にかけて命名権スポンサーを募ったが、契約金が高額であることがネックとなり応募企業・団体がないことから、応募期間を2月1日まで延長。その間、秋田市内の企業から問い合わせが2件あったが、応募・契約締結とはならなかった。このことから、契約金の見直しなどを念頭に再度命名権の募集期間延長を検討している - 秋田魁新報


2019年2月3日

大村秀章氏(2014年3月)


2019年2月4日

2019年2月5日

  • (経済)PayPayは2月4日、100億円還元キャンペーンの第2弾を2月12日から5月末の予定で行うと発表した。2018年12月に行った第1回の100億円還元キャンペーンを実施したが、40回に一度の割で、支払額が全額還元されるということで利用者が殺到してしまい、わずか10日で還元額の100億円を到達してしまったため打ち切りとなった。そのことを踏まえ、今回のサービスは1回当たりの上限は1000円までとし、そのうちの支払額の2割相当が電子マネー(期間中の上限5万円)として還元される。また10分の1の確率で当たりとなった場合は1000円相当分(1000円未満は全額、上限2万円)の電子マネーが還元されるとしており、「少額利用を促したい」(中山一郎社長)としている - 朝日新聞
  • (社会)野田市で小学校4年の女子児童(当時10)にシャワーの冷水を浴びさせ、首をわしづかみするなどしてけがを負わせ、のちに死なせた暴行事件で、千葉県警は父親(41)が暴行を加えていたのをわかっていながら、それを止めようとしなかったとして、暴行の共犯関係とみなされるものとして、母親(31)を傷害で逮捕した。父親は1月24日、自宅で女子児童に対して服を着せたままシャワーを浴びせたり、首をわしづかみにするなどしてけがを負わせ(のち死亡確認)、翌25日に逮捕されたが、母親は父親を制止しなかった責任は重いものと判断し逮捕に踏み入った - 読売新聞
    • (上記関連)この女子児童暴行致死事件で、児童相談所に提出した書面に父親が女子児童に「お父さんにたたかれたというのはうそです。ずっと前からは約4人で暮らしたいとおもっていました」という内容を書かせていたことが分かった - FNN(フジテレビ)


2019年2月6日

豚
豚コレラによる腎臓の点状出血
  • (社会)愛知県は2月5日、豊田市の養豚場で飼育されたから、豚(とん)コレラの発生した疑いがあることを発表した。同県によると、2月4日、豚に食欲不振などがあるとの連絡があり、5日に検査の結果、6頭のうち5頭から豚コレラの陽性反応が確認された。感染が確認すれば全頭の殺処分を行う。これを受け同県は養豚場に飼育されている約6600頭の移動を見合わせるよう指示をした。この養豚場からの豚は1月以後中部・近畿地方を中心に5つの府県に出荷されていた - 佐賀新聞ロイター(共同通信提供)
  • (政治)アメリカトランプ大統領は同国の報道機関に対し、現地の2月27・28日にベトナムで第2回米朝首脳会談を実施すると発表した - FNN(フジテレビ)
  • (社会・経済)ローソン三郷市の2つの店舗で、店内調理商品の一部で、消費期限の改ざんがあったとして、この店舗とのフランチャイズを解消・閉店させたことを発表した。問題の店舗はローソン三郷天神一丁目店と同三郷彦糸店の2か所。「厚切りロースのカツカレー」や「海鮮かき揚げ丼」などの商品で、消費期限のシールをそれが切れる2時間前に、7時間後に書き換える行為を行っていたという。三郷天神一丁目店では2016年7月のオープン時から2年半、三郷彦糸店も2014年ごろから2017年月末までに同じ要領で書き換えた可能性があり、これらの商品から1つからは厚生労働省が定める基準値を超えるものがあったという。今年の1月17日、カスタマーセンターに匿名で、「消費期限を引き延ばしている」とする問い合わせがあり、オーナーや従業員に聞き取りを行って発覚したという。この2店舗は、同一人物がオーナーを務めており、ローソンはこの2店舗とのフランチャイズを解消し、店舗も閉店、対象となる従業員についても解雇させた - 日経新聞
  • (文化・ひと・社会)芸能事務所・アノレは2月6日、女性に対して性的暴行を加えた罪で逮捕された、新井浩文容疑者との契約を同5日付で解除したと発表した。今後も「引き続き誠意をもって対応させていただく」としており、事務所のサイトにあった新井容疑者のプロフィルも削除された - ハフィントンポスト日本版アノレ公式サイト


2019年2月7日

2018年度の十日町雪まつり雪上カーニバルの様子。今年は雪像崩壊による安全上の問題でステージイベントは中止となった
  • (社会)十日町市は2月4日に雪像の崩落事故で1人が死亡、1人が軽傷を負ったことを受け、2月15日から3日間予定されていた「十日町雪まつり」の規模を縮小し、雪像付近で開催する予定だったステージイベント「雪上カーニバル」を今回は取りやめると発表した。それ以外については通常と同じく開催される。関口芳史市長は「今年の天候や雪の状態が例年と著しく異なり、ステージが非常に崩れやすくなっている。現場の安全確保が困難という点から判断した」と、今回のステージイベントの取りやめについて述べている。同雪まつりは1950年から開始され、今年が第70回記念となっていた - 産経新聞
  • (社会)長野県は2月6日、宮田村の養豚場で、2月5日に豊田市の養豚場から出荷された子豚80頭の遺伝子を検査したところ、79頭から、豚(とん)コレラの陽性反応が確認されたと発表した。同県はこの80頭を含む養豚場で飼育されていた全2444頭すべてを殺処分するとともに、2月9日までに汚染物品を含めた消毒・埋却処分を実施する方針。同県内で豚コレラが確認されたのは1982年以来27年ぶりのこと。長野県は阿部守一知事を本部長とした特定家畜伝染病対策本部を緊急招集し、問題の養豚場への立ち入りを規制し、松本市の食肉処理場についても閉鎖した - 日経新聞
  • (社会)ふるさと納税で、泉佐野市は2月から、Amazonの商品券、総額100億円を納税寄付額に応じて贈呈するとした取り組みを始めたが、国が「地場産品などでない、商品券や電子マネーなどのものや、寄付額の3割を超えるものは返礼品としては扱えない。2019年6月以後、ルールを守らない自治体はふるさと納税の対象から外す」とする方針が出されていることから、泉佐野市は国に対する対抗姿勢を打ち出した - 毎日放送
  • (社会)くらコーポレーションは2月6日、同社のすしチェーン店「無添くら寿司・守口店」で働いていたアルバイト従業員の2人が、不適切な動画をインターネット上に公開したことを発表した。この2人のうちの1人は、まな板で切った魚を一度ごみ箱に捨てたのち、再びまな板に戻していたという。店舗からの聞き取りで、撮影した魚は廃棄処分し、客には提供していなかった。この動画は投稿から約3時間で削除したとされているが、顧客からの指摘で2月4日発覚した - 読売新聞当該の動画のスクリーンショット。「きちがいではないって」と書かれている
東京メトロ銀座線・渋谷駅の移設工事を渋谷ヒカリエより写す(2019年1月撮影)
  • (社会)東京メトロは2月7日、銀座線渋谷駅の移設・改築工事で、ホームを覆うM字型の屋根の敷設工事をマスコミ関係者に公開した。現在の位置から東側の、明治通りに移設するもので、2019年内の供用開始を目指している。現在の渋谷駅は1938年の竣工。ホームがビル内部にある高架駅で、その下にJRが乗り入れているという複雑構造になっている - 共同通信
  • (経済)フリマアプリのメルカリが2月7日発表した2018年下期の7-12月の連結決算が、売上高237億円、営業損益と経常利益はともに36億円の赤字、純損益が44億円の赤字となったことが分かった - ロイター
園子温監督(2015年東京国際映画祭で。中央の黒い帽子をかぶっている人物)
  • (文化・ひと)映画監督の園子温(その・しおん)氏が、心筋梗塞とみられる症状で病院に搬送されたことが分かった。園氏は2月7日夕方、新宿区の住宅で「胸が苦しい」と訴えて、病院に運ばれ、手当てを受けたが、重症という - FNN(フジテレビ)


2019年2月8日

  • (社会)沼津署は2月6日、2017年4月、沼津市の住宅で、生後6か月(当時)の男の子の乳児に暴行を加え、その6日後に頭部損傷で死なせたとする殺害容疑で、伊豆の国市在住の親せきの塗装工の男(28)を逮捕した。認否は明かしていない。事件当時、乳児は両親と子ども4人の6人暮らしで、両親がおらず、男は両親から頼まれて乳児の子守りをしていた。男が119番をしたことを受け、消防が乳児を病院に搬送したが、すでに心配停止の状態だった - 朝日新聞
    • (上記関連)津島市で生後2か月の長男の男児を虐待してけがを負わせたとして、津島署は2月7日までに同市内の会社員の男(23)を傷害で逮捕した。長男は左腕にあざが見つかり、耳を引っ張られた痕も残っていたという - 日経新聞
  • (経済)スポーツアパレルメーカーのデサントは、伊藤忠商事が計画しているTOB(株式公開買い付け)に反対する姿勢を表明した。伊藤忠はデサントの意向を受け「TOBは粛々と進める」とした。デサントは「伊藤忠の利益が優先され当社の企業価値の毀損される可能性が高い」と主張しており、日本の企業同士による敵対的TOBに発展する可能性がある - 日経新聞
  • (経済・社会)賃貸住宅のレオパレス21は、2月7日、新たに全国33都道府県の1324棟で壁や天井などの施工不良があったと発表した。対象入居者は14443人。このうち天井の耐火性能が不足するとした641棟・7782人に対しては速やかに転居するように要請、残りの物件の入居者にも転居を促すとしている - 佐賀新聞


2019年2月9日

2019年2月10日

  • (政治・社会)昭和天皇ご崩御(1989年1月7日)後の、次の元号(平成)への改元のタイミングについて、日本の政府が極秘裏に、5つの案が検討されていたことが、共同通信の情報公開請求に基づく開示で公開された公文書で分かった。この天皇御崩御と改元のタイミングについては、(1)遡及(そきゅう)適用(ご崩御した年の元日にさかのぼって改元する)、(2)改元政令の公布直後のご崩御後即日改元、(3)ご崩御の翌日改元、(4)喩󠄂月(ゆげつ)改元(ご崩御の翌月1日で改元)、(5)喩󠄂年(ゆねん)改元(ご崩御翌年の元日で改元)の5つとされ、そのうちの(2)と(3)に集約するとしていた - 中日新聞
  • (社会)JR東日本が、東京の都心・東京駅新宿駅羽田空港を直通で結ぶ羽田空港アクセス線構想の実現へ向け、環境影響評価・いわゆるアセスメントに着手する方針を固めた。早ければ2月中に表明、今春からアセスメント作業に取り掛かり、その後着工・2029年完成をもくろんでいる - 毎日新聞
堺屋太一氏
  • (ひと・文化・政治)「団塊の世代」の言葉の生みの親で、作家・評論家・経済企画庁長官なども務めた堺屋太一(本名・池口小太郎)氏が2月8日、多臓器不全で死去した。83歳。1970年大阪万博、1975年には沖縄海洋博なども手掛け、その1975年に小説「油断!」で作家としてデビューし、その次の1976年に発表した「団塊の世代」という小説は、戦後初期のいわゆる「第1次ベビーブーム」世代を差す「団塊」を初めて命名したことで知られた。1978年に通産省を退官し、評論家・作家に本格転向し、1985年発表の「地価革命」という評論集は世界的に評価された - 毎日新聞


2019年2月11日

  • (文化)ローザンヌ国際バレエコンクールの最終審査が2月9日(現地)、スイスのローザンヌで行われ、佐々木須弥奈(すみな)さん(18)の3位を最高に、4位の脇塚優さん(17)、8位の住山美桜(みおう)さん(18)の日本人3人が入賞した。日本人の3人入賞は2014年以来。最終審査にはこのほか淵山隼平氏(16)が出場したが、こちらは入賞を逃している - 日経新聞
  • (社会)元フジテレビアナウンサーで、善教寺(姫路市)の住職、結城思聞こと松倉悦郎容疑者(71)が、2月11日午後1時前、姫路市内の民家にある駐車場で、同市内の男性が所有する乗用車のボンネットに自ら持っていた鍵で長さ約30cmの線状の傷をつけたとして、姫路署に現行犯逮捕された。容疑を認めている。現場近くでは2月8日以来、約50台の車に同じような傷がつけられた器物破損事件が相次いでいることから松倉容疑者との関連を調べている - 神戸新聞


2019年2月12日

  • (スポーツ・ひと)競泳で東京オリンピック出場が期待されている池江璃花子(りかこ)選手(18)が、白血病であることを自らのツィッターで公表した。オーストラリアでの合宿中、体調の異変が起き、現地の病院で検査後、2月8日に緊急帰国。精密検査で白血病と分かり、入院した。当面は治療に専念するが、東京五輪出場を目指すとしている - スポーツニッポン
  • (スポーツ・ひと)テニスの女子ランキング1位の大坂なおみ選手が、自らのツィッターでサーシャ・バイン氏とのコーチ契約を解除したことを発表した。後任は未定で、現地2月17日からのドバイ選手権大会はコーチなしで出場する - スポーツ報知


2019年2月13日

  • (スポーツ)東福岡高校ボクシング部の監督が、2018年11月に開催された福岡県高校新人大会において「競技経験8か月以上」としている出場者資格を満たさなかった1年生の6人の選手を登録させたことが分かり、同高校はこの監督を解任したうえで、無期限謹慎としたことが分かった。福岡県ボクシング連盟は「技術の未熟な選手が試合に出場すると危険を伴うことが大きいため、日本国内の高校生では経験8か月未満の選手は出場を禁じている」としており、「監督が生徒を危険にさらす行為を主導し、指導者として許されない。安全面に配慮しながらレベルアップをしている中で非常に残念」と述べた - 西日本新聞1同2


2019年2月14日

2019年2月15日

  • (社会)千葉県警は2月14日、自宅で長女(当時10)に暴行を加えて死なせたとして逮捕された父親の男(41)が2018年12月末~今年1月の初めに暴行を加えたとする傷害の容疑で再逮捕した。同県警が自宅から押収したビデオの映像データに逮捕に直接つながった虐待の一部が収録されていたという - 読売新聞
    • (上記関連)今年の1-2月にかけて、生後3か月の乳児の長男を激しく揺さぶり、大けがを負わせたとして、戸部署が2月15日、横浜市の会社員の男(32)を逮捕した。逮捕容疑は、長男の腕をつかんで揺さぶったり、身体を布団に投げ飛ばしたりして、左鎖骨骨折や、急性硬膜下血腫などの大けがを負わせた疑い。男は「2番目の子供なので、雑な扱いをした」と容疑を認めている - 産経新聞
    • (上記関連)尼崎市で3-7つの乳幼児3人に、ハエたたきを使って顔を殴るなどの暴力行為をしたとして、警備員の男夫妻(いづれも30)の2人を逮捕した。男は2018年12月、自宅で次男(7つ)をハエたたきで顔を殴り、妻も2月13日に長女(5つ)と次女(2つ)のほほをつねるなどして、次女に軽いけがを負わせた疑い容疑を認めており、恒常的に暴行・虐待をした可能性があるとみている - FNN(フジテレビ・関西テレビ提供)


2019年2月16日

  • (政治)アメリカトランプ大統領は現地2月15日、国家非常事態宣言を発動し、メキシコとの国境に壁を作るための建設費を、アメリカの議会の承認なしでもねん出できるようにすることを発表した。今回の宣言で、軍事予算を壁の建設に充当し、80億ドル(9000億円)はねん出できるという。しかし、民主党は「権力の甚だしい(はなはだしい)乱用行為」と非難した - イギリス放送協会(BBC)日本語版
  • (スポーツ・ひと)上野梨紗さんが、先ごろ開催された日本棋院女流棋士特別採用試験本選で第1位となり、4月から12歳(現・小学6年生)でプロの囲碁棋士となることが決まった。上野さんは2月15日の会見で「うれしいですが、実力不足なので努力したい。まず女流タイトルを取り、将来は世界戦で活躍したい」と語った - 毎日新聞
  • (スポーツ・ひと)将棋のトーナメント「朝日杯将棋オープン戦」第12期決勝大会(2月16日・東京都内)、藤井聡太七段が、決勝戦で渡辺明棋王に128手で勝利し、同大会史上2人目(前回は羽生善治九段)となる2連覇を決めた。同大会は公開対局形式で約750人の市民が見学。持ち時間40分・使い切れば1手につき1分未満までの早差し戦であり、藤井氏は予選をシードされ今回は本選から参戦していた - 朝日新聞


2019年2月17日

2019年2月18日

2019年2月19日

2019年2月20日

2019年2月21日

2019年2月22日

2019年2月23日

2019年2月24日

2019年2月25日

2019年2月26日

2019年2月27日

2019年2月28日