短信:2019年/2月/20日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 2月20日の短信 >>翌日

  • (スポーツ)バスケットボールのセミプロによるB3リーグに企業チームとして加盟していた東京海上日動ビッグブルーは先ごろ、今年度の2018-19年シーズンをもってB3から退会・新年度から関東リーグに自主降格して活動を続けると発表した。運営元の東京海上日動火災保険は「当クラブは発足から今日まで実業団クラブとして、選手・スタッフ共に会社員としての業務優先を貫いて参りました。クラブのキャッチフレーズとして「コート内プロ宣言」を掲げて通常の業務もこなした上で、コート上では常に勝利を目指して参りましたが、今シーズンの現時点での戦績や、来シーズン以降見込まれる試合数の増加に伴う選手、スタッフへの負担増等を総合的に勘案し、今回の決定に至りました。東京海上日動ビッグブルーは引き続き存続し、来シーズンは地域リーグの1つ、関東リーグに活躍の場所を移しての活動を予定しております。関東リーグも実業団やクラブチームの強豪がしのぎを削る大変レベルの高いステージです。また、これまでと同様に、東京海上日動石神井スポーツセンターでのホームゲーム開催も検討しております。近隣となる石神井地域や練馬区の皆様を始め、ファン、ブースター・関係者各位におかれましては、どうぞ引き続きご声援くださいますよう、改めてよろしくお願い申し上げます」と公式サイトにて発表している - バスケットボールキング同クラブ公式サイトのリリース

2019年2月20日の記事