短信:2019年/2月/5日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 2月5日の短信 >>翌日

  • (経済)PayPayは2月4日、100億円還元キャンペーンの第2弾を2月12日から5月末の予定で行うと発表した。2018年12月に行った第1回の100億円還元キャンペーンを実施したが、40回に一度の割で、支払額が全額還元されるということで利用者が殺到してしまい、わずか10日で還元額の100億円を到達してしまったため打ち切りとなった。そのことを踏まえ、今回のサービスは1回当たりの上限は1000円までとし、そのうちの支払額の2割相当が電子マネー(期間中の上限5万円)として還元される。また10分の1の確率で当たりとなった場合は1000円相当分(1000円未満は全額、上限2万円)の電子マネーが還元されるとしており、「少額利用を促したい」(中山一郎社長)としている - 朝日新聞
  • (社会)野田市で小学校4年の女子児童(当時10)にシャワーの冷水を浴びさせ、首をわしづかみするなどしてけがを負わせ、のちに死なせた暴行事件で、千葉県警は父親(41)が暴行を加えていたのをわかっていながら、それを止めようとしなかったとして、暴行の共犯関係とみなされるものとして、母親(31)を傷害で逮捕した。父親は1月24日、自宅で女子児童に対して服を着せたままシャワーを浴びせたり、首をわしづかみにするなどしてけがを負わせ(のち死亡確認)、翌25日に逮捕されたが、母親は父親を制止しなかった責任は重いものと判断し逮捕に踏み入った - 読売新聞
    • (上記関連)この女子児童暴行致死事件で、児童相談所に提出した書面に父親が女子児童に「お父さんにたたかれたというのはうそです。ずっと前からは約4人で暮らしたいとおもっていました」という内容を書かせていたことが分かった - FNN(フジテレビ)

2019年2月5日の記事