ドイツ2大政党が2回目の連立協議—課題は首相の指名

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年9月29日】

ドイツ
特集:ドイツ連邦議会2005年選挙
すべての記事
選挙前の動き
選挙結果
選挙後の動き
背景解説

28日、ドイツの総選挙で第1党となった、野党キリスト教民主同盟(CDU)・キリスト教社会同盟(CSU)と、第2党となった与党社会民主党(SPD)が、2回目の連立交渉を行った。

朝日新聞などによれば、両党は内政問題では政策を一致させることで合意した模様。しかし、外交問題では主張に隔たりがあり、この点は先送りされたと思われる。

ゲアハルト・シュレーダー首相 (SPD)

読売新聞などによれば、最大の争点は、両党がそれぞれアンゲラ・メルケルCDU党首(写真左)とSPDのゲアハルト・シュレーダー現首相(写真右)に首相のポストを求めていることである。

3度目の会談は、10月2日に行われるドレスデン1区の投票後の10月5日に行われる。

出典[編集]