ドイツ憲法裁判所、選挙にゴーサイン

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年8月26日】

ドイツ
特集:ドイツ連邦議会2005年選挙
すべての記事
選挙前の動き
選挙結果
選挙後の動き
背景解説

欧州中央夏時間25日午前(UTC+2、日本時間25日午後)、ドイツ連邦憲法裁判所は、議会解散に反対する2人のドイツ連邦議会議員の訴えを退け、9月18日に計画されていた選挙への障害を取り除くこととなった。

カールスルーエのドイツ連邦憲法裁判所

ドイツ社民党のイェレーナ・ホフマン議員と、連合'90/緑の党のヴェルナー・シュルツ議員は、シュレーダー首相の不信任は画策されたもので、ケーラー大統領には首相の不信任を理由に議会を解散する権利がないと訴えていた。

連邦憲法裁判所の判事は、7対1でこの主張を却下した。判決は、シュレーダー首相が自らの改革プログラムを推進するために、必要な議会の過半数を得ていないと発言したことは、おそらく当たっていると判断し、憲法によって首相にはこうした事柄を処理する際に大幅な裁量権が与えられていると指摘した。

主要政党の代表たちは、この決定を歓迎している。

英語版ウィキニュースからの翻訳です。

出典[編集]