2006FIFAワールドカップグループF、日本は1-4でブラジルに逆転負け

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
FIFA Logo (2010).svg Flag of Germany.svg
FIFAワールドカップ2006 ドイツ大会
特集 - 記事一覧
FIFA World Cup 2006
予選・本選組分け
本選(グループリーグ・決勝トーナメント)
本選試合結果
その他のニュース
詳細解説

【2006年6月23日】

22日午後9時(UTC+2、日本時間23日午前4時)より、2006 FIFAワールドカップドイツ大会・グループFの日本ブラジル戦が行われ、日本が先制したものの1-4でブラジルに敗れ、グループリーグ敗退が決定した。一方グループFのオーストラリアクロアチア戦は2-2で引き分け、オーストラリアが初の決勝トーナメント進出を決めた。

ニュルンベルクで行われた18日の日本とクロアチアとの対戦は0-0の引き分けだった。このため、日本は初戦オーストラリア戦の敗戦を含め2敗1分けの対戦成績となり、決勝トーナメント進出の条件、グループリーグ2位以内を満たさなかった。

Flag of Japan.svg日本
(勝ち点:1)
1前半1Flag of Brazil.svgブラジル
(勝ち点:9)
0後半3
0合計4
玉田圭司(34分)ロナウド(46分、81分)
ジュニーニョ・ペルナンブカーノ(53分)
ジウベルト(59分)

出典[編集]