2006年サッカーW杯、地区予選おわり27ヶ国の出場が確定

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)

【2005年10月14日】

FIFA Logo (2010).svg Flag of Germany.svg
FIFAワールドカップ2006 ドイツ大会
特集 - 記事一覧
FIFA World Cup 2006
予選・本選組分け
本選(グループリーグ・決勝トーナメント)
本選試合結果
その他のニュース
詳細解説

12日、各地でサッカーのワールドカップ地区予選が行われ、出場枠32ヶ国のうち、リーグ戦の結果と開催国枠(ドイツ)による出場国27ヶ国が確定した。残る5ヶ国は11月のプレーオフの結果によって争われる。

南米予選(出場枠4.5)では、ウルグアイがプレーオフ進出を決めた。アルゼンチンブラジルエクアドルパラグアイがすでに出場を決めており、プレーオフ進出権をかけたウルグアイ、コロンビア、チリによる5位争いが注目されていた。

ウルグアイはオセアニア(出場枠0.5)地区1位のオーストラリアと対戦する。前回2002年大会の南米・オセアニアのプレーオフと同様の顔合わせになった。

アジア地区(出場枠4.5)では、バーレーンがプレーオフ進出を決めた。イラン日本韓国サウジアラビアがすでに出場を決めており、ウズベキスタンとバーレーンが5位を争っていた。試合はバーレーンで行われ、0-0で引き分けた。両国の前回の対戦は、ウズベキスタンで1-1で引き分けている。点数では変わらないものの、アウェーでのゴール数でまさるバーレーンが5位に確定した。

バーレーンは北中米カリブ海地区(出場枠3.5)4位のトリニダード・トバゴと対戦する。トリニダード・トバゴは予選中盤では5位だったが、最終的にグアテマラを凌ぎ、プレーオフ出場を手にした。北中米カリブ海地区では、アメリカ合衆国メキシココスタリカが出場を決めている。

ヨーロッパ(出場枠14)では、予選最終日、フランスセルビア・モンテネグロスウェーデンが出場を決めた。これにより、ヨーロッパからのすでに決定した出場国は、ドイツ(開催地)、ウクライナオランダポーランドイングランドクロアチアイタリアポルトガル、スウェーデン、セルビア・モンテネグロ、フランスの11ヶ国となった。残る3枠は、チェコ、スペイン、トルコ、スイス、ノルウェー、スロバキアの6ヶ国によるプレーオフで争われる。14日決まったプレーオフの組み合わせは、スペイン対スロバキア、スイス対トルコ、ノルウェー対チェコとなった。

セルビア・モンテネグロはボスニア・ヘルツェゴビナとの試合となった。スポニチによれば、試合は厳戒態勢のなかで行われたものの、観客の小競り合いにより、17人が負傷した。

アフリカ(出場枠5)は9日にすべての予選を終わり、コートジボワールアンゴラトーゴガーナチュニジアの出場が確定している。チュニジアを除く4ヶ国は初出場となる。

プレーオフはホーム・アンド・アウェーで2試合を行う。ヨーロッパのプレーオフの日程が決まっており、11月12日と11月16日に試合を行う。

Wikipedia
英語版ウィキペディアFootball World Cup 2006に関する記事があります。

出典[編集]