サムライブルー、オーストラリアに1-3で逆転負け

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
FIFA Logo (2010).svg Flag of Germany.svg
FIFAワールドカップ2006 ドイツ大会
特集 - 記事一覧
FIFA World Cup 2006
予選・本選組分け
本選(グループリーグ・決勝トーナメント)
本選試合結果
その他のニュース
詳細解説

【2006年6月14日】

読売新聞によれば、12日午後3時(日本時間午後10時)からカイザースラウテルンのフリッツ・ヴァルター・シュタディオンで行われたワールドカップサッカーオーストラリア日本戦は、3-1でオーストラリアが逆転勝利し、日本が敗北した。

オーストラリアは後半、試合終了間際、ロスタイムを含めた9分間で3点を取る猛攻で、日本を圧倒した。

Political Gatewayによれば、日本は前半1点を先制したが、後半39分、試合途中から投入されたオーストラリアのティム・ケーヒルが同点のゴール。これがワールドカップ2回目出場のオーストラリアにとって、初得点となった。続いて、5分後にティム・ケーヒルが2点目、さらに2分後終了間際にジョン・アロイジが追加点を取った。

フリッツ・ヴァルター・シュタディオン

出典[編集]