2006ワールドカップサッカー選手権 ドイツ、エクアドル、イングランドが決勝ラウンド進出

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
FIFA Logo (2010).svg Flag of Germany.svg
FIFAワールドカップ2006 ドイツ大会
特集 - 記事一覧
FIFA World Cup 2006
予選・本選組分け
本選(グループリーグ・決勝トーナメント)
本選試合結果
その他のニュース
詳細解説

【2006年6月17日】

CNN、ロイターによると、ドイツで開かれているFIFAワールドカップサッカー選手権大会で、6月15日 (UTC+2、日本時間15日から16日) に早くも開催国のドイツとエクアドルの2カ国が予選リーグを通過し、上位16カ国のトーナメントで争う決勝ラウンドの出場権を獲得した。

サンケイスポーツとCNN、ロイターによると予選リーグA組の第2戦で、ドイツは14日にポーランドと対戦。ポーランドの堅い守りに苦しめられたが、後半の試合終了間際にノイビル選手がゴールを挙げて1-0で勝利。その翌日の15日はエクアドルとコスタリカの試合が行われてエクアドルがテノリオの先制点に続き、後半にデルガドとカビエデスの各選手がゴールを奪い3-0で大勝した。これによりA組は2連勝・勝ち点6で並んだドイツとエクアドルが最終戦を待たずして予選リーグ2位以内を確定し、決勝ラウンドの出場権を得た。

また、サンスポと岩手日報によると、B組でも現地15日にトリニダードトバゴと対戦し2-0で勝利したイングランドがグループ2位以内を確定し決勝ラウンド出場を決めた。この試合0-0の同点で迎えた後半38分にクラウチ選手が先制ゴールをヘディングで挙げ、更にロスタイムにはジェラード選手が追加点を決めている。

出典[編集]