2006年サッカーW杯、ライプツィヒでグループリーグ組み合わせ抽選会行われる

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年12月10日】

FIFA Logo (2010).svg Flag of Germany.svg
FIFAワールドカップ2006 ドイツ大会
特集 - 記事一覧
FIFA World Cup 2006
予選・本選組分け
本選(グループリーグ・決勝トーナメント)
本選試合結果
その他のニュース
詳細解説

ドイツライプツィヒで12月9日(UTC+2,日本時間12月10日未明)、2006年 FIFAワールドカップドイツ大会のグループリーグ組み合わせ抽選会が行われ、出場する32チームが4ヶ国づつ8つのグループに振り分けられた。

ライブドアニュースによると、抽選は既にシード権を得ている開催国のドイツ、2002年大会優勝のブラジルのほか、過去2回(1998年、2002年)のW杯の大会実績や、最近3年間の国際サッカー連盟 (FIFA) ナショナルチームランキングを基に、イタリアフランスアルゼンチンスペインメキシコイングランドの8ヶ国を第1ポット(シード国)とし、それ以外は大陸別に配分。第2ポットは南米、アフリカ、オセアニア。第3ポットはセルビア・モンテネグロを除くヨーロッパ、第4ポットはアジア、北中米・カリブ海と特別ポット扱いのセルビア(同国は1つの組3ヶ国以上のヨーロッパ諸国のチームが入るのを避けるための処置)が入っている。

開催国ドイツはコスタリカ、エクアドル、ポーランドとともにAグループに入ったほか、前回の日韓大会優勝国ブラジルは、オーストラリア、クロアチア、日本とともにFグループに入った。

グループ別チーム分けと日程[編集]

背景が白のところの上段が試合日、下段が開催都市。

Aグループ
ドイツ コスタリカ エクアドル ポーランド
ドイツ 6/9
ミュンヘン
6/20
ベルリン
6/14
ドルトムント
コスタリカ 6/15
ハンブルク
6/20
ハノーファー
エクアドル 6/9
ゲルゼンキルヒェン
ポーランド
Bグループ
イングランド パラグアイ トリニダード・トバゴ スウェーデン
イングランド 6/10
フランクフルト
6/15
ニュルンベルク
6/20
ケルン
パラグアイ 6/20
カイザースラウテルン
6/15
ベルリン
トリニダード・トバゴ 6/10
ドルトムント
スウェーデン
Cグループ
アルゼンチン コートジボワール セルビア・モンテネグロ オランダ
アルゼンチン 6/10
ハンブルク
6/16
ゲルゼンキルヒェン
6/21
フランクフルト
コートジボワール 6/21
ミュンヘン
6/16
シュトゥットガルト
セルビア・モンテネグロ 6/11
ライプツィヒ
オランダ
Dグループ
メキシコ イラン アンゴラ ポルトガル
メキシコ 6/11
ニュルンベルク
6/16
ハノーファー
6/21
ゲルゼンキルヒェン
イラン 6/21
ライプツィヒ
6/17
フランクフルト
アンゴラ 6/11
ケルン
ポルトガル
Eグループ
イタリア ガーナ アメリカ合衆国 チェコ
イタリア 6/12
ハノーファー
6/17
カイザースラウテルン
6/22
ハンブルク
ガーナ 6/22
ニュルンベルク
6/17
ケルン
アメリカ合衆国 6/12
ゲルゼンキルヒェン
チェコ
Fグループ
ブラジル クロアチア オーストラリア 日本
ブラジル 6/13
ベルリン
6/18
ミュンヘン
6/22
ドルトムント
クロアチア 6/22
シュトゥットガルト
6/18
ニュルンベルク
オーストラリア 6/12
カイザースラウテルン
日本
Gグループ
フランス スイス 大韓民国 トーゴ
フランス 6/13
シュトゥットガルト
6/18
ライプツィヒ
6/23
ケルン
スイス 6/23
ハノーファー
6/19
ドルトムント
大韓民国 6/13
フランクフルト
トーゴ
Hグループ
スペイン ウクライナ チュニジア サウジアラビア
スペイン 6/14
ライプツィヒ
6/19
シュトゥットガルト
6/23
カイザースラウテルン
ウクライナ 6/23
ベルリン
6/19
ハンブルク
チュニジア 6/14
ミュンヘン
サウジアラビア

関連記事[編集]

出典[編集]