2006年FIFAワールドカップ・イタリア優勝

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
FIFA Logo (2010).svg Flag of Germany.svg
FIFAワールドカップ2006 ドイツ大会
特集 - 記事一覧
FIFA World Cup 2006
予選・本選組分け
本選(グループリーグ・決勝トーナメント)
本選試合結果
その他のニュース
詳細解説

【2006年7月10日】

楽天スポーツ(infoseek)、サンケイスポーツによると、2006年FIFAワールドカップドイツ大会の決勝・イタリアフランスがベルリンで行われ、PK戦の末、イタリアが1982年スペイン大会以来24年ぶり4度目の優勝を果たした。

infoseekによると、開始早々前半7分、マルダがペナルティエリア内で倒され、フランスがPKを獲得。この試合で引退するジダンがPKを決め、フランスが先制した。対するイタリアは19分、ピルロのコーナーキックからマテラッツィがゴールを決め、フランスに追いついた。試合は延長戦に入ったが決着が付かず、PK戦にもつれ込んだ。なお、延長後半には先制点を決めたフランスのジダンが、暴力行為で退場処分となっている。

PK戦はフランスの2人目、トレゼゲが失敗したが、一方のイタリアは4人目までの全員が成功し、5人目のグロッソがPKを決めた時点で5-3となり、イタリアが4度目の優勝を決めた。

FIFAによると、イタリアはワールドカップ本大会での過去3度のPK戦でいずれも敗れており、ワールドカップでは初めてPK戦で勝利した。

イタリア

イタリア
1 前半 1
フランス

フランス
0 後半 0
0 延長前半 0
0 延長後半 0
5 PK戦 3

マテラッツィ(19分)

得点者

ジダン(PK:7分)

出典[編集]