2006年WBC、日本とキューバが決勝進出

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
決勝と準決勝が行われるペトコパーク
開催直前までの経過
試合結果
解説

【2006年3月19日】

朝日新聞によると、2006年ワールド・ベースボール・クラシックの準決勝2試合が現地時間18日(日本時間19日)にアメリカサンファンのペトコ・パークで行われた。キューバドミニカ共和国日本韓国をそれぞれ破り、ともに決勝への進出を決めた。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
キ ュ ー バ 0 0 0 0 0 0 3 0 0 3
ドミニカ共和国 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日     本 0 0 0 0 0 0 5 1 0 6
大 韓 民 国 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

Bloomberg、MAJOR.JPによると、準決勝第1試合では、ドミニカ共和国が6回裏に二塁手のエラーで先取点を取った。キューバは7回表にグリエルのサードへの内野安打などで作ったチャンスに、二塁ゴロで同点にした。ウルティアのセンター前タイムリーヒットで逆転し、ラミレスのセンターへの犠牲フライで3点目とし、そのまま逃げ切った。

第2試合では、日本が7回表ノーアウトから松中が二塁打。1アウトになってから、代打の福留が2ランホームランをライトに打って0-0の均衡を破った。さらに里崎のエンタイトルタイムリー2ベースヒットや宮本、イチローのヒットでこの回5点を取った。さらに8回、多村がソロホームランを打ち、無失点で勝利した。

決勝戦はキューバと日本によって、20日、同じ球場で行われる。

出典[編集]