ワールド・ベースボール・クラシック2006開幕

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
決勝と準決勝が行われるペトコパーク
開催直前までの経過
試合結果
解説

【2006年3月4日】

3月3日、ワールド・ベースボール・クラシックの最初の試合、1次リーグアジアラウンド(Aグループ)が東京ドームで開幕した。

読売新聞によれば、台湾(チャイニーズタイペイ)韓国では、衣笠祥雄さんが始球式を行い試合が開始され、韓国が4回と5回にそれぞれ1点を取り0 - 2で勝利した。中国日本戦では日本が5回に4点、8回に7点を取るなど大量得点をあげ、4回の2点のみに終わった中国に2 - 18で8回コールド勝ちした。

試合日程[編集]

試合時間はサンディエゴ、アナハイム=太平洋標準時間(UTC-8、日本時間-17)、サンファン=大西洋標準時(UTC-4、日本時間-13)、フェニックス=山岳部標準時間(UTC-7、日本時間-16)、オーランド=米国東部時間(UTC-5、日本時間-14)、東京=日本時間(UTC+9)。

ファイナル(決勝)
サンディエゴ - ペトコパーク
3/20 セミファイナルの勝利チーム同士
セミファイナル(準決勝)
サンディエゴ - ペトコパーク
3/18 2次Aグループ1位 VS 2次Aグループ2位
サンディエゴ - ペトコパーク
3/18 2次Bグループ1位 VS 2次Bグループ2位
2次リーグ
Aグループ Bグループ
アナハイム - エンゼルスタジアム
3/12 1次Aグループ2位 VS 1次Bグループ2位
3/12 1次Aグループ1位 VS 1次Bグループ1位
3/13 1次Aグループ1位 VS 1次Bグループ2位
3/14 1次Bグループ1位 VS 1次Aグループ2位
3/15 1次Aグループ1位 VS 1次Aグループ2位
3/16 1次Bグループ1位 VS 1次Bグループ2位
サンファン - ヒラムビソーンスタジアム
3/12 1次Cグループ2位 VS 1次Dグループ2位
3/12 1次Cグループ1位 VS 1次Dグループ1位
3/13 1次Cグループ1位 VS 1次Dグループ2位
3/14 1次Dグループ1位 VS 1次Cグループ2位
3/15 1次Cグループ1位 VS 1次Cグループ2位
3/16 1次Dグループ1位 VS 1次Dグループ2位
1次リーグ
Aグループ Bグループ Cグループ Dグループ
東京 - 東京ドーム
3/3 台湾 VS 韓国
3/3 中国 VS 日本
3/4 中国 VS 韓国
3/4 台湾 VS 日本
3/5 中国 VS 台湾
3/5 日本 VS 韓国
フェニックス - チェースフィールド
3/7 アメリカ VS メキシコ
3/8 アメリカ VS カナダ
3/9 カナダ VS メキシコ
フェニックス - スコッツデールスタジアム
3/7 カナダ VS 南アフリカ
3/8 メキシコ VS 南アフリカ
3/10 アメリカ VS 南アフリカ
サンファン - ヒラムビソーン・スタジアム
3/7 プエルトリコ VS パナマ
3/8 キューバ VS パナマ
3/8 プエルトリコ VS オランダ
3/9 キューバ VS オランダ
3/10 パナマ VS オランダ
3/10 プエルトリコ VS キューバ
オーランド - クラッカージャック・スタジアム
3/7 ドミニカ共和国 VS ベネズエラ
3/7 オーストラリア VS イタリア
3/8 ベネズエラ VS イタリア
3/9 ドミニカ共和国 VS イタリア
3/9 ベネズエラ VS オーストラリア
3/10 ドミニカ共和国 VS オーストラリア

出典[編集]