日暮里・舎人ライナー開業

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
日暮里・舎人ライナーの車両(資料)
2008年鉄道関連ニュース

【2008年3月29日】

日本経済新聞によると、30日(UTC+9)に開業する新交通システム日暮里・舎人線、愛称「日暮里・舎人(にっぽり・とねり)ライナー」開業に先立ち、29日、日暮里駅石原慎太郎東京都都知事ほか約250人が参加して、開業記念式典が行われた。

日暮里・舎人ライナーは、JR線や京成電鉄本線と接続する日暮里駅と、埼玉県との県境に近い足立区見沼代親水公園駅間9.7kmを約20分で結ぶ新交通システムで、東京都交通局が運営する。

東京都交通局によると、大人初乗り運賃は160円、最長区間運賃は320円。開業時からICカード乗車券PASMOSuicaも利用できる。また、3月29日まで発売していた「都電・都バス・都営地下鉄一日乗車券」は、同線開業の2008年3月30日、価格を据え置いたまま、日暮里・舎人ライナーも利用できる「都営まるごときっぷ」にリニューアルされる。

出典[編集]