2012年ロンドンオリンピックが開幕

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2012年7月28日】

最近の記事
解説・資料
ロンドンオリンピック会場となるオリンピックスタジアム(CC-by-2.0


第30回夏季オリンピックロンドン大会は7月27日午後9時[注釈 1]UTC+1)、当地にあるオリンピックスタジアムで開会式典が開催され、開幕した[1][2][3]

ロンドンでのオリンピック開催は1908年1948年についで3度目となり[1][2][3]、同一都市での開催としては史上最多となる[2][3]。204の国・地域から、およそ10500人[注釈 2]の選手が参加し、17日間にわたり26の競技・302の種目で[注釈 3]熱戦を繰り広げる[1][2][3]

今大会では、史上初めてすべての競技において男女種目を行うこととなり、従来は男子選手のみが参加していたサウジアラビアカタールブルネイの3ヶ国からも女子選手が派遣された[1]

開会式典前半では、現代に至るイギリスの歴史物語のアトラクションが展開[1][3]。さらにエリザベス女王の登場前には、女王が上空のヘリコプターからパラシュートで降下するという内容の映像が流され、観客から喝采を浴びた[1][3]

各国の選手団の入場行進において、日本選手団は95番目に入場[2]レスリング女子吉田沙保里選手が旗手を務めた[1][2][3]

エリザベス女王が開会宣言を行った[1][3]後、聖火の最終ランナーとなったイギリスの10代の若手選手7人が聖火台に火を灯した[1][2][3]。式典のフィナーレでは、歌手のポール・マッカートニー氏によるビートルズの楽曲「ヘイ・ジュード」が披露された[3]

日本は今大会が、オリンピック初参加となったストックホルムオリンピックから100年目の節目となり[1][2][3]金メダル獲得数世界第5位を目標としている[1][2]

注釈[編集]

  1. 東京新聞より
  2. 時事通信では10900人
  3. 共同通信には競技・種目数なし

情報源[編集]

本ニュースは時事通信共同通信および東京新聞の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 時事ドットコム 『ロンドン五輪、盛大に開幕=64年ぶり、3度目の開催-204カ国・地域〔五輪〕』時事通信社、2012年7月28日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 2.8 47NEWS 『ロンドン五輪が開幕 204カ国・地域参加』共同通信社、2012年7月28日。
  3. 3.00 3.01 3.02 3.03 3.04 3.05 3.06 3.07 3.08 3.09 3.10 TOKYO Web 『ロンドン五輪開幕 日本参加100年 新たな舞台へ』東京新聞社、2012年7月28日。