橋本元首相、政界を引退へ

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
最近の記事

【2005年8月12日】

橋本龍太郎元首相(68)は11日、体調不良のため、今年9月に予定されている衆議院選挙で、岡山4区からの小選挙区での立候補をしないことを正式に発表した。また、自民党執行部は12日、橋本氏の比例代表区のみへの立候補を、認めない方針を示した。このため、比例代表での出馬も厳しい状態となり、政界引退も避けられない状況だ。

橋本氏は昨年7月、日本歯科医師連盟から受け取っていた1億円の献金を政治資金収支報告書に記載しなかったため、責任を取って派閥会長を辞任し、次の選挙で小選挙区からは出馬しない考えを表明し、比例代表での出馬の意向を示していた。

橋本氏は、1963年衆議院初当選。厚生大臣、運輸大臣、通商産業大臣を歴任。1995年自民党総裁に就任後、1996年から1998年まで内閣総理大臣。参議院議員選挙敗北後、辞任したが、その後森内閣でも行政改革担当大臣等を務めた。2001年再び党総裁選に出馬したが、小泉現首相に敗れた。

出典[編集]

Wikipedia
ウィキペディア橋本龍太郎元首相に関する記事があります。