東日本大震災の義援金を着服容疑、ライオンズクラブの前議長を逮捕

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)

【2011年11月7日】

Wikipedia
ウィキペディアライオンズクラブに関する記事があります。
本地震に伴う津波予測図
米国海洋大気圏局(NOAA) (PD)
地震のデータ
気象庁
  • 発生時刻
    • 2011年3月11日14時46分頃 (UTC+9)
  • 震央
    • 三陸沖(牡鹿半島の東南東) 約130km付近
  • 座標
    • 北緯 37.8度 東経143.1度
  • 震源深さ
    • 約10km
  • 規模
    • M9.0

アメリカ地質調査所(USGS)
  • 発生時刻
    • 2011年3月11日14時46分23秒 (UTC+9)
  • 震央
    • 仙台の東 130km
  • 座標
    • 38.322°N, 142.369°E
  • 震源深さ
    • 24.4km
  • 規模
    • M9.0
最近の記事
姉妹プロジェクト

朝日新聞によると、東日本大震災の被災地から救援物資の購入費用として送付された義援金約1,000万円余りを着服したとして、大阪府警は、社会奉仕団体・「ライオンズクラブ」の近畿地区を管轄する協議会の前議長・辻吉治容疑者(67歳、大阪市東淀川区在住)を、業務上横領の容疑で11月6日UTC+9)に逮捕したと、同月7日に発表した。

共同通信が同府警淀川署などの話として伝えたところによると、辻容疑者は、東日本大震災発生後の3月下旬に、被災地に送付する物品を購入する目的で近畿地区の協議会に振り込まれた義援金(朝日によれば約1,130万円)のうち、約1,000万円(朝日によれば約1,090万円)を自分の口座に移動させた上で、着服した疑いがある(朝日によれば、この際、辻容疑者は「個人的にまとめた金である」との虚偽の発言をしている)。辻容疑者は、事件当時は議長の職にあり、協議会名義の口座を管理する立場にいた。

朝日新聞によると、辻容疑者は東淀川区内でスーパーマーケットを経営しており、このスーパーなどにおいて食料品衣類を購入し被災地へ送ってきていたが、同府警は、金額を水増しした領収証偽造するなどした上で、実際の購入代金との差額分を自らが私的流用しようとしたと判断している。

共同通信によると、辻容疑者は、「借金があり、経営する会社の資金繰りが苦しくなっていた。また、自分の遊ぶ金も無かった」と、容疑を認めている模様。

情報源[編集]