東日本大震災の津波で流された漁船がカナダ沖合で発見される

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)

【2012年3月24日】

平成23年(2011年)
東北地方太平洋沖地震
本地震に伴う津波予測図
米国海洋大気圏局(NOAA) (PD)
地震のデータ
気象庁
  • 発生時刻
    • 2011年3月11日14時46分頃 (UTC+9)
  • 震央
    • 三陸沖(牡鹿半島の東南東) 約130km付近
  • 座標
    • 北緯 37.8度 東経143.1度
  • 震源深さ
    • 約10km
  • 規模
    • M9.0

アメリカ地質調査所(USGS)
  • 発生時刻
    • 2011年3月11日14時46分23秒 (UTC+9)
  • 震央
    • 仙台の東 130km
  • 座標
    • 38.322°N, 142.369°E
  • 震源深さ
    • 24.4km
  • 規模
    • M9.0
最近の記事
姉妹プロジェクト

カナダブリティッシュコロンビア州北部[注釈 1]クイーン・シャーロット諸島の西方沖約220kmの太平洋[注釈 2]で、昨年の東日本大震災による津波で流出した日本漁船が漂流しているのが確認された[1][2][3]。同国の海難救援当局が3月23日(UTC-7)に発表した[2]

カナダ運輸省の話によると、パトロールを行っていた飛行機[注釈 3]が同月20日に漁船を発見した[1]。船体は約60m[注釈 4]で、かなりさび付いているものの、上向きに漂っているという[1]。また、船体に大きな損傷は確認できないとされている[2]。船名は不明であるが、登録番号から照会したところ、日本の船であると分かったとされる[1]。23日に照会を受けた日本の海上保安庁は、漁船の所有者を確認。同漁船はイカ漁で使われていたトロール船で、青森県八戸港に係留されていた際に津波で被災したことが分かった[2]

漁船はおよそ50日後に北アメリカ大陸本土に到達する可能性があるという[3]。カナダ国防省では、同漁船の漂流が船舶の安全航行の妨げになる恐れがあるとして[2][3]、曳航を行うことも検討している[3]。また、同漁船による海洋汚染についても警戒しているが、漁船からのの流出などは確認されていないという[2]

注釈[編集]

  1. CNNより
  2. 時事通信より
  3. CNNによるとカナダ軍所有の監視機
  4. 時事通信では約46m

情報源[編集]

本ニュースは「朝日新聞」「CNN」および「時事通信」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 朝日新聞デジタル 『津波で流された漁船、カナダ沖で発見 60メートル級』朝日新聞社、2012年3月24日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 CNN.co.jp 『津波で流出の日本漁船がカナダ沖で漂流、安全航行の障害に』CNN、2012年3月24日。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 時事ドットコム 『津波の漂流漁船、カナダ沖に=沿岸警備隊が発見』時事通信社、2012年3月24日。