岩手県の松「送り火」参加中止-放射能風評-京都

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)

【2011年8月8日】

平成23年(2011年)
東北地方太平洋沖地震
本地震に伴う津波予測図
米国海洋大気圏局(NOAA) (PD)
地震のデータ
気象庁
  • 発生時刻
    • 2011年3月11日14時46分頃 (UTC+9)
  • 震央
    • 三陸沖(牡鹿半島の東南東) 約130km付近
  • 座標
    • 北緯 37.8度 東経143.1度
  • 震源深さ
    • 約10km
  • 規模
    • M9.0

アメリカ地質調査所(USGS)
  • 発生時刻
    • 2011年3月11日14時46分23秒 (UTC+9)
  • 震央
    • 仙台の東 130km
  • 座標
    • 38.322°N, 142.369°E
  • 震源深さ
    • 24.4km
  • 規模
    • M9.0
最近の記事
姉妹プロジェクト
Wikipedia
ウィキペディア五山送り火に関する記事があります。
Wikipedia
ウィキペディア高田松原に関する記事があります。

時事通信によると、東日本大震災の津波で流された「高田松原」(岩手県陸前高田市)のを、京都市の伝統行事「五山送り火」でとして燃やす計画が、福島第一原子力発電所事故による放射能汚染を訴える声が「複数寄せられた」ことに主催団体が乗って中止になったことが7日わかった。高田松原は岩手県の名勝であり、この計画は、ボランティアで陸前高田市を訪れた大分市の人の発案で進められ、「五山送り火」の主催団体に申し入れられていたもの。中止を求める声は、松の焼却灰で京都周辺の飲料水源である琵琶湖が汚染されるというなどの趣旨のものであったという。「高田松原を守る会」の鈴木義久会長は、「亡くなった方の冥福を祈る気持ちに水を差されたようで残念」と話して風評被害の恐ろしさに触れている。

京都新聞によると、京都市や主催団体による検査の結果、薪から放射性物質は検出されていないものの、主催団体内部でも風評を支持する意見が強く、上記の計画が中止となったことが、5日わかった。

情報源[編集]

関連ニュース[編集]