WHO、新型インフルエンザの警戒度最高位の「パンデミック」に

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
最新の感染分布図
██ 死亡者が確認された国・地域
██ 感染者が確認された国・地域
██ 感染の疑いのある者が存在する国・地域
(資料)豚インフルエンザ感染拡大を受けてマスクを着用する市民ら(2009年5月、JR学研都市線の車内にて、GFDL

【2009年6月12日】

日経新聞によると、WHO世界保健機関スイス時間6月11日(UTC+1)、豚インフルエンザといわれている新型インフルエンザの警戒水準を、世界的な大流行(パンデミック)を意味する最も最高位となる「フェイズ6」に引き上げ、また健康被害の深刻度に関する基準を「中度」にすることも併せて発表した。

ロイターによると、WHOのチャン事務局長は「今回の新型インフルエンザは2009年インフルエンザ・パンデミックである」と説明。このパンデミックは1968年の香港カゼ以来41年ぶりとなる。またロイターによるとチャンさんは「21世紀初のパンデミックの初期段階に差し掛かることになる」とした上で、「今回の決定は地理的な感染拡大を反映しているので、パンデミックの深刻さを示すものではない」と話している。また、チャンさんは「国境封鎖などは奨励しない。人や物流・サービスなどの移動にも制限を加えるべきでない」と勧告している。

日経によると、今回の新型インフルエンザの感染者は全世界で27000人以上。6月10日時点のWHOの調べによると、74カ国で感染が確認されて、うち141人が死んだという。

出典[編集]

関連ニュース[編集]

Wikipedia
ウィキペディア2009年新型インフルエンザに関する記事があります。
最近の記事

新型インフルエンザ感染拡大を受けてマスクを着用する市民ら(2009年5月、JR大阪環状線の車内にて)

参考資料