アメリカ在住幼児が日本人初の新型インフルエンザ感染

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年5月9日】

東京新聞によると、中曽根弘文外務大臣は5月8日午前の会見で、ブタインフルエンザと呼ばれる新型インフルエンザで、日本人が初めてそれに感染したことが確認されたと発表した。

同新聞によると、この日本人はアメリカシカゴ在住の6歳の日本人男児。5月5日に38℃を超える発熱を訴えて病院で治療していたが、5月7日になって病院側から「新型インフルエンザにかかった」と確認され、タミフルを服用して、快方に向かっている。

毎日新聞によると、現在は家族らと共にシカゴの自宅で静養をしており、他の家族については新型インフルエンザの症状は確認されていないという。

出典[編集]

関連ニュース[編集]