カナダから帰国の日本人から新型インフルエンザ感染の疑い

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
最近の記事

新型インフルエンザ感染拡大を受けてマスクを着用する市民ら(2009年5月、JR大阪環状線の車内にて)

参考資料

【2009年5月1日】

産経新聞によると、厚生労働省舛添要一大臣は5月1日未明(UTC+9)に会見し、ブタインフルエンザといわれる新型インフルエンザに感染した疑いがある例の患者を日本で初めて確認したと発表した。

同記事によると、新型インフルエンザに感染した疑いがもたれているのは横浜市の17歳の高校生。この高校生は4月25日までカナダブリティッシュコロンビア州修学旅行に出かけており、その時に発熱やセキ・タンなどの症状が出ていたという。舛添大臣は会見で、「高校生は簡易検査でインフルエンザA型の陽性反応が出た。現在感染症の専門施設で治療しているが、新型インフルエンザかどうかについては今後詳細な検査を行って判明する」としており、その結果がわかるまでに1日程度の時間が必要としている。

読売新聞によると、舛添大臣は「この高校生の通っている学校の臨時休校などの判断もありえる」としており、併せてこの高校生の行動や同伴者などの感染状況などについても調べるとしている。また舛添大臣は「現段階でいたずらに(新型インフルエンザに対する)パニックになる必要はない。もしこれが新型インフルエンザならば、しかるべき対応をとる」として、国民に対して冷静に対応するよう呼びかけている。

アメリカから帰国した女性は新型インフルエンザではなかった[編集]

また、産経の別の記事によると、4月30日にアメリカから成田空港へ帰国し、インフルエンザの簡易検査の陽性反応を示した邦人女性(25歳)は新型インフルエンザにかかっていなかったこともわかった。この女性はウィルスの遺伝子検査を行った結果、季節性インフルエンザの「A香港型=H3N2型」であったという。

カナダから帰国した男子高校生は新型インフルエンザではなかった[編集]

朝日新聞によると、上記の男子高校生について、ウイルスを調べていた国立感染症研究所(感染研)は1日、新型インフルエンザの感染を否定した。厚生労働省によると、以前からある季節性インフルエンザの「Aソ連型=ヒトH1型」である事が確認されたという。

出典[編集]

関連ニュース[編集]

外部リンク[編集]