2010年ノーベル化学賞 鈴木章氏・根岸英一氏ら3人が受賞 日本人のノーベル賞受賞者18人に

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
最近の記事
背景解説

【2010年10月7日】

スウェーデン王立科学アカデミーは10月6日(UTC+2)、2010年のノーベル化学賞鈴木章北海道大学名誉教授(80)、根岸英一米国パデュー大学特別教授(75)、リチャード・ヘック・米国デラウェア大学名誉教授(79)の3人に授与すると発表した[1][2][3]

授賞理由となる業績は「有機合成におけるパラジウム触媒を利用したクロスカップリング[1][2][3]。3人は金属であるパラジウムを触媒として炭素原子同士を結合、さまざまな有機化合物を容易に作り出す合成法を開発した[1][3]

日本人のノーベル化学賞受賞は、2008年の下村脩・米国ボストン大学名誉教授以来2年ぶり[1][2]。鈴木・根岸両氏の受賞により、日本人のノーベル賞受賞者は計18人、化学賞受賞者は計7人となった[1][2][3]

情報源[編集]

本ニュースは「共同通信」、「読売新聞」および「朝日新聞」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 47NEWS 『鈴木、根岸氏にノーベル化学賞 有機化合物の合成法開発』共同通信社、2010年10月6日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 YOMIURI ONLINE 『ノーベル化学、根岸米大教授と鈴木北大名誉教授』読売新聞、2010年10月6日。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 asahi.com 『ノーベル化学賞、根岸英一氏・鈴木章氏ら3人に』朝日新聞社、2010年10月6日。