2009夏の甲子園 日本文理高校が新潟県勢初の決勝戦進出

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年8月24日】

甲子園球場

最近の記事
本大会情報

デイリースポーツによると全国高校野球選手権大会甲子園球場)は8月23日(UTC+9)準決勝2試合があり、新潟県日本文理高校が投手・伊藤が4試合連続完投を挙げて2-1で県立岐阜商業岐阜県)を2-1で下し、新潟県のチームとして史上初の決勝戦出場を決めた。

日経新聞によると、日本文理高校は5回に高橋隼がタイムリーヒットで先制。6回にも1点を追加し、投げても伊藤が県立岐阜商業を6安打1失点に抑えるとともに、11奪三振を奪って4試合連続で完投。新潟県のチームが甲子園大会において決勝戦進出を果たすのは春(選抜選手権大会)夏(全国選手権大会)を通して史上初の快挙である。

デイリーによると、試合後の大井監督は「(新潟県勢初の決勝進出に)なんていったらいいのか…。正直驚いている。監督の私が信じられないくらい」と驚きを隠しきれなかった。

毎日新聞によると、8月24日(同)に開催される決勝戦の対戦相手は、中京大中京高校で、こちらは春・夏連覇を飾った中京商業時代の1966年・第48回以来の43年ぶりの決勝戦進出で、愛知県勢としては1977年・第59回東邦高校(準優勝)以来である。

情報源[編集]