コンテンツにスキップ

台風が西日本に接近か? 大雨に警戒 - 気象庁

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)

【2009年8月9日】

時事通信によると、日本の南海上にある熱帯低気圧が今後台風に発達する見込みで、8月10日朝(UTC+9 以下同)にも西日本に接近する恐れがあるとして、日本の気象庁九州から中部地方の広い範囲で局地的に1時間80㍉以上の激しい豪雨が降る恐れがあるとして、台風による突風や河川の増水・土砂災害に警戒するよう呼びかけている。

この熱帯低気圧は8月9日午前9時ごろ、日本の南海上を1時間に時速30㌔の速さで北北西に進み、中心気圧996hPa(ヘクトパスカル)、中心付近の最大風速15m。この後台風となり、10日午前9時頃に四国沖を時速30㌔を維持して北へ進む予想である。

読売新聞によると、日本の気象庁はこの熱帯低気圧が発達して8月9日午後9時55分に「台風9号」が発生したと発表した。この時点での中心気圧は994hpa、中心付近の最大風速18m、最大瞬間風速25m、時速20kmで北へ進んでいる。

読売新聞の別の記事によると、この影響で四国から東海地方では8月10日の夜にかけて、また関東甲信地方においても10日昼~11日にかけて1時間50-70㍉の雷を伴った激しい豪雨になる恐れがある。10日午後6時までに予想される降水量は近畿南部・三重県で500㍉、四国地方太平洋側で400㍉等が予想される。

時事によると、7月の豪雨で被災した中国九州北部では地盤が緩んでいるため、土砂崩れなどの災害に特に警戒を呼びかけている。

高校野球2日目は全試合延期[編集]

  • 毎日新聞によると、全国高校野球大会甲子園球場)は8月9日の大会2日目・第1試合「如水館高校高知高校」の試合が予定通り8時半過ぎから開催されたが、3回途中で降雨が激しくなり、試合を続けられないとしてそのままノーゲームとなった。この日予定されていた残りの3試合も開催中止・10日に延期となり、以後の開催も1日ずつずらされる予定。

情報源[編集]