香川県さぬき市で2014年の「あばれみこし」が行われ、衆議院議員の玉木雄一郎氏も池へ落とされる

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
あばれみこし神事(2014年10月)(CC-by-sa-4.0)
あばれみこし神事で池の中に落とし込まれた人たち、池からあがってくる人物は玉木雄一郎議員(2014年10月)(CC-by-sa-4.0)

【2014年10月21日】

四国新聞によると、2014年10月12日に香川県さぬき市長尾西の塚原稲荷神社で、「あばれみこし」神事と呼ばれる「奇祭」が行われた[1]。この神事はさぬき市指定の「無形民俗文化財」に指定されている神事である[2]

四国新聞によると、この祭りは無病息災や豊作を祈って行われる塚原稲荷神社の秋祭りで、100年以上の伝統を誇るという。木や竹で作った質素なみこしを、厚化粧をした若者が担いで右に左に走り回った[1]。最後はため池の中に飛び込みが行われた。見物人を引き連れて一緒にため池の中に落とされる若者もおり、その暴れように大きな歓声があがった[1]

この祭りに参加した民主党衆議院議員である玉木雄一郎氏も、他の観衆と同様に容赦なく池の中へ落とし込まれてしまった。ウィキニュース記者のインタビューに対し、玉木議員は「7~8年前から毎年(池に)落とされている。今年は5~6回(池に)落とし込まれた。」、「今年は去年に比べて池の水が冷たかった。」と語った[3]。 

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 四国新聞 『ユニークな厚化粧であばれみこし/塚原稲荷神社』四国新聞、2014年10月13日。
  2. さぬき市文化財保護協会長尾支部 『形民族文化財』さぬき市文化財保護協会長尾支部、2014年8月23日。
  3. 独自の取材(「トーク」ページを参照)。

外部リンク[編集]

独自の取材
この記事はウィキニュース記者による独自の取材を含んでいます。詳細は、この記事のトークを参照してください。

独自の取材は、ウィキニュース独自取材記事翻訳ネットワーク(WORTNET)にて翻訳されます。