秋篠宮家の長男、名前は「悠仁」

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年9月12日】

印の名前の由来となったコウヤマキ(資料)

文仁親王妃紀子さまが6日に出産した秋篠宮家の長男の名前が、「悠仁(ひさひと)」に決まった。12日午後、愛育病院(東京都)で行われた「命名の儀」で明らかになった。は「高野槇(こうやまき)」と決まった。

朝日新聞、毎日新聞、共同通信、時事通信によると、親王夫妻は「ひさひと」と発音することができる漢字ということで「悠仁」の字を当てた。「悠」の字には「ゆったりと」といった意味があり、この意味を込めて名前にあてたという。また中日新聞によると、男児の名前に「仁」の字を付けたのは平安時代から続く慣習に習ったもの。「ゆったりとした気持ちで、長く久しく人生を歩んでほしい」という願いが込められた。

また、印の「高野槇」は日本の固有種である樹木の名前(コウヤマキ)からつけたという。

関連記事[編集]

出典[編集]