コンテンツにスキップ

文仁親王妃紀子さま、男児を出産

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
帝王切開の様子(資料、CCby2.0)
日本の皇室として41年ぶりの男児を出産した秋篠宮妃紀子さま(2005年撮影・GFDL)

【2006年9月6日】

読売新聞等によると、6日午前8時27分に愛育病院(東京都港区)にて、文仁親王妃紀子さまが男児を出産した。帝王切開手術による出産で、体重2558g、身長48.8cm。母子共に健康という。

日本の皇室で男児が出産されるのは父の秋篠宮文仁親王以来41年振り。皇位継承順位は3位となる。午後には天皇が守り刀を贈る賜剣が行われた。名前と印が決まる命名の儀(御七夜に相当)は12日に行われる予定。

関連記事[編集]

出典[編集]