紀子さま、出産決定―6日に帝王切開で

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
帝王切開の様子(資料、CCby2.0)
秋篠宮妃紀子さま(2005年撮影・GFDL)

【2006年9月1日】

読売新聞によると、1日、宮内庁秋篠宮妃紀子さまが今月6日午前に帝王切開手術で出産することを発表した。もし、男児が生まれた場合41年前に皇后秋篠宮文仁親王を産んで以来のことである。

秋篠宮妃紀子さまは、胎盤の一部が子宮口をふさぐ部分前置胎盤と入院時に診断されており、危険を伴うため、先月16日に入院したばかりだった。 東京新聞によれば部分前置胎盤のケースの場合、胎児がある程度大きくなった37週を目安に帝王切開手術で出産することが多く、TBSによれば6日に正常出産とされる妊娠37週となることからこの日となったという。

共同通信社と時事通信社によると、男児が生まれれば皇室で41年ぶり。女児が生まれれば同じく5年ぶりの出産となる。また、皇室で帝王切開で出産するのは初めてであり、民間病院での出産も初めてである。


関連記事[編集]


出典[編集]