相撲協会、時津風親方を解雇処分

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年10月5日】

中日新聞によると、日本相撲協会10月5日両国国技館における緊急理事会で時津風親方(元小結双津竜、本名山本順一)の解雇、また北の湖理事長(元横綱北の湖)の減俸50%4ヶ月、理事9人の減俸30%3ヶ月の処分を決定した。

読売新聞によると、時津風親方の解雇は全会一致で決定し、処分は同日付である。東京新聞によれば賞罰規定の中で解雇は最も重い処分で、角界からの永久追放を意味する。日刊スポーツによれば処分の理由について「日本相撲協会の名誉を著しく汚した」と理事長は説明している。

朝日新聞によると、6月26日に序ノ口力士時太山(本名・斉藤俊さん=当時17歳)がぶつかりげいこ中に倒れ亡くなった問題で、時津風親方らは愛知県警や相撲協会の調べに対しビール瓶などを用いた暴行を行っていた事を認めていた。

関連記事[編集]

出典[編集]