日本初戦は逆転負け - 2014W杯サッカー

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
マラカナンサッカースタジアム(リオデジャネイロ メイン会場)CC-by-sa-3.0
最近公開された記事

【2014年6月16日】

サンケイスポーツによると、2014ワールドカップサッカー選手権(W杯)ブラジル大会1次予選リーグC組の日本コートジボワール戦が現地6月14日、レシフェで行われ、日本は本田圭佑が前半16分に先制点を挙げるが、後半にコートジボワールに逆転を許し、1-2で初戦黒星スタートとなった。

ロイターによると、日本は本田選手が左足からゴールを奪い先制する。その後コートジボワールにフリーキックを与えられるが、リードを保って前半を終えた。しかし後半、コートジボワールのドログバを投入後からは逆にコートジボワールに試合を支配され、19分にボニ、さらに続けてシェルビーニョのヘディングで一気に試合を逆転しコートジボワールが初戦を飾った。日本の長谷部誠主将は「非常に厳しい敗戦。自分たちのサッカーを表現できなかった」と敗戦に悔しさをにじませていた。

また朝日新聞によると、コートジボワールは3回連続出場だったが、過去2回はいずれも1次予選リーグで敗れ続けた。2006年はアルゼンチン、2010年はブラジルポルトガルという強豪と同じ組だったことも災いしたが、今回の初戦勝利で念願の1次予選突破に弾みをつける形となった。コートジボワールのラムシ監督は「ドログバがピッチに立ち、すべてが変わった。彼のような選手の存在が我々にとって大きい。初戦に勝つことは大変なことだが、選手を祝福したい」と述べている。

スポーツニッポンによると、日本代表は今回を含む過去5回W杯に出場しているが、初戦を敗れた大会では1次予選突破が厳しいとするデータが出ている。現在の32か国が出場するようになった1998年大会以後、初戦敗退した46か国のうち、決勝トーナメントに進出できたのはたった4か国しかなく、決勝トーナメントへの進出率は8.7%しかない。前回・2010年大会で初戦敗退後決勝トーナメントに進出できたのはスペインの1チームだけだった。ちなみに初戦を勝ち上がったチームの進出率は84.8%、引き分けのチームは58.3%だった。

情報源[編集]