寝台特急『あけぼの』がラストラン

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)

【2014年3月15日】

あけぼの(青森駅にて)
2014年鉄道関連ニュース

日本経済新聞Response.によると、上野-青森間を走行してきた寝台特急・『あけぼの』の下り最終列車が、3月14日夜(UTC+9)にJR上野駅を出発した。Response.によれば、この日の上野駅には、下り最終列車の出発を見届けようと、大勢の鉄道ファンらが詰め掛けた。

Response.によると、『あけぼの』は1970年に運行を開始。それ以来長年に亘り、東京東北とを結ぶブルートレインとして親しまれてきたが、新幹線の延伸などにより利用者が減少したことと、車両そのものの老朽化を理由に、2014年ダイヤ改正定期運行を終了することになった。

日本経済新聞によると、同日午後9時16分に、上野駅13番ホームを定刻通りにラストランの列車が出発すると、「ありがとう」、「お疲れさま」などの歓声がファンらから上がり、車両が見えなくなるまでシャッター音と拍手が続いた。Response.によれば、同列車は翌15日の9時52分に青森駅に到着し、これによって『あけぼの』は定期列車としての歴史に幕を閉じることとなった。

日本経済新聞によると、『あけぼの』の廃止により、今後残るブルートレインは『北斗星』(上野-札幌間)のみとなった。『あけぼの』は、今後は「季節列車」として、正月や夏休みなどに臨時運行する。

情報源[編集]