大会七日目試合結果 - 第99回全国高等学校野球選手権大会

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

甲子園球場

最近の記事
本大会情報

【2017年8月16日】

2017年8月14日(UTC+9)、阪神甲子園球場第99回全国高等学校野球選手権大会の七日目・四試合が行われた[1]

大会日目結果[編集]

第一試合 京都成章 対 神村学園[編集]

第一試合は京都成章(京都)と神村学園(鹿児島)が対戦[2][3]。神村学園が劇的なサヨナラタイムリーで試合を制した[2]

神村学園の1点リードで迎えた9回表、8回途中から先発・青柳から継投していた中里がマウンドに上がったが、京都成章にホームランを打たれ同点とされた。その裏、一死二、三塁で打席に立った中里が、サードへの内野安打でランナーが還り、神村学園がサヨナラ勝ちした[2]。京都成章は先発した北山が9回を投げ切り、8回まで毎回三振を奪うなど11奪三振、8安打、3失点と力投したがあと一歩及ばなかった[3]

試合結果[4]
1 2 3 4 5 6 7 8 9
京都成章 0 0 1 0 0 0 0 0 1 2
神村学園 0 0 0 0 0 2 0 0 1x 3
バッテリー (投手 - 捕手)
京都成章 北山 - 北田
神村学園 青柳、中里 - 田中怜
ホームラン
京都成章 茂木(9回表ソロ)

第二試合 高岡商 対 東海大菅生[編集]

第二試合は高岡商(富山)と東海大菅生(西東京)が対戦[5][6]。東海大菅生が11対1で高岡商を破り、初出場した1996年以来、21年ぶりに甲子園で勝利を挙げた[6]

東海大菅生の先発・松本は西東京大会の準々決勝で日大三、決勝で早実を相手に完投勝利を挙げているエースで、この日は高岡商の打線を7安打1失点に抑え、元中日若林弘泰監督に甲子園での初勝利をプレゼントした[6]。打線は同点で迎えた6回表に無死三塁で主将の小玉が、レフトへの犠牲フライで勝ち越した[6]。高岡商はエースで主将の土合が5失点と打ち崩されるなど、今春の選抜高校野球に続いて初戦で姿を消した[7]

試合結果[8]
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東海大菅生 0 1 0 0 0 1 1 1 7 11
高岡商 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
バッテリー (投手 - 捕手)
東海大菅生 松本 - 鹿倉
高岡商 土合、山田、土合、伏見 - 筏
ホームラン
東海大菅生 佐藤(2回表ソロ)、奥村(9回表3ラン)

第三試合 青森山田 対 彦根東[編集]

第三試合は青森山田(青森)と彦根東(滋賀)が対戦[9][10]。甲子園49校目として登場した青森山田が彦根東に競り勝った[9]

青森山田は青森大会を全て継投で勝ち進んでいたが、この日は先発した斉藤勇が9回を2失点で投げ切って、自身初の公式戦初完投勝利を挙げた[9]。打線は3回表の二死三塁で3番・赤平のセンター前ヒットで先制したのを皮切りに、4回表には7番・中沢がレフトスタンドで2ラン、5回表にもその中沢が2打席連続でホームランを打つなど6点を奪い取った[10]。彦根東は8日裏、9回裏に1点を返したが反撃も及ばなかった[9]

試合結果[11]
1 2 3 4 5 6 7 8 9
青森山田 0 0 1 4 1 0 0 0 0 6
彦根東 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2
バッテリー (投手 - 捕手)
青森山田 斉藤勇 - 福原
彦根東 原功、松井、増居 - 條野
ホームラン
青森山田 中沢(4回表2ラン)、中沢(5回表ソロ)
彦根東 仲川(9回裏ソロ)

第四試合 済美 対 津田学園[編集]

第四試合は済美(愛媛)と津田学園(三重)が対戦[12][13]。済美が亀岡の2本のホームランなどで津田学園を圧倒し、勝利を収めた[12]

済美は1回裏に先制する[14]と、4回裏に亀岡が左中間スタンドへ甲子園での自身第2号のホームランで追加点を挙げた。7回裏には亀岡がダメ押しの2ランをバックスクリーン左へ叩き込むなど一挙に5点を挙げた[15]。津田学園は9回表に1点を返すも反撃するには遅かった[16]

済美の亀岡が記録した夏の甲子園で3本塁打以上の記録は、昨年の入江(作新学院・栃木)以来26人目、27度目[12]。済美では2004年大会鵜久森に次いで2人目[12]

試合結果[14]
1 2 3 4 5 6 7 8 9
津田学園 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
済美 1 0 0 1 0 0 5 0 x 7
バッテリー (投手 - 捕手)
先行 水谷、若林、河村 - 久保田
後攻 八塚、栗田 - 橋本
ホームラン
済美 亀岡(4回裏ソロ)、亀岡(7回裏2ラン)


情報源[編集]

  1. 『東海大菅生が3回戦へ=青森山田、済美、神村学園も-全国高校野球』時事ドットコム、2017年8月14日18時17分。
  2. 2.0 2.1 2.2 菊川光一 『神村学園中里、天国と地獄 同点被弾→サヨナラ打』日刊スポーツ、2017年8月15日12時09分。
  3. 3.0 3.1 『神村学園 サヨナラ勝ちで3回戦進出 京都成章・北山は11K力投実らず』Sponichi Annex、2017年8月14日10時27分。
  4. 『【2回戦】京都成章(京都) - 神村学園(鹿児島)』朝日新聞DIGITAL、2017年8月14日。
  5. 久保賢吾 『東海大菅生・松本「ボール一流、心三流」叱咤で成長』日刊スポーツ、2017年8月15日7時48分。
  6. 6.0 6.1 6.2 6.3 小原栄二、千葉亨 『[高校野球]東海大菅生、21年ぶり初戦突破』中日新聞、2017年8月15日。
  7. 『高岡商、終盤突き放される エース土合「自分の実力不足」』SANSPO.COM、2017年8月14日14時49分。
  8. 『【2回戦】高岡商(富山) - 東海大菅生(西東京)』朝日新聞DIGITAL、2017年8月14日。
  9. 9.0 9.1 9.2 9.3 『青森山田“アウェー”に勝った、ジンクスにも勝った』日刊スポーツ、2017年8月15日10時39分。
  10. 10.0 10.1 『投打がっちり青森山田 中沢が2打席連続HR、斉藤勇が完投』産経ニュース、2017年8月15日11時41分。
  11. 『【2回戦】青森山田(青森) - 彦根東(滋賀)』朝日新聞DIGITAL、2017年8月14日。
  12. 12.0 12.1 12.2 12.3 『済美・亀岡2発でもう3本目「思ったより打球飛ぶ」』日刊スポーツ、2017年8月15日7時47分。
  13. 山口史朗 『甲子園は「狭い」 パワフル済美・亀岡、2試合3アーチ』朝日新聞DIGITAL、2017年8月14日18時52分。
  14. 14.0 14.1 『【2回戦】済美(愛媛) - 津田学園(三重)』朝日新聞DIGITAL、2017年8月14日。
  15. 『済美・亀岡 2発!大会計3発「練習のおかげ」』Sponichi Annex、2017年8月15日5時30分。
  16. 山口史朗 『済美打線、好調を維持 津田学園は一矢報いるも反撃遅く』朝日新聞DIGITAL、2017年8月14日17時51分。