中国製餃子 新たに袋の内側に殺虫剤成分検出

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
JTフーズ商品回収のポスターを掲示し注意を促している東大阪市のスーパーの冷凍食品売り場
最近公開された記事

【2008年2月4日】

東京新聞によると、中国天洋食品で製造された餃子冷凍食品での中毒事件で、兵庫県警捜査一課は2月4日、大阪府枚方市にあるスーパー「ハッピース枚方」から回収した同種商品のパッケージの外側から有機リン系殺虫剤成分「メタミドホス」が検出された6袋のうち、1袋から餃子の皮とパッケージの内側からメタミドホスが検出されたと発表した。パッケージの表面には長さ1.5mmの傷があり、水分が染み出ることもわかった。

読売新聞によるとこの商品は「中華deごちそうひとくち餃子」で鑑定を行った6袋のうち、穴が開いてなかった1袋のパッケージの内側と餃子の皮から検出されたとしている。また、中国新聞広島市)によれば警察当局はパッケージの外側に付着したメタミドホスが袋の中に浸み込んだか、その逆のパターンの可能性もあると見ている。また、これとは別の1袋にも1mm程度の穴が開いていたことも既にわかっているが、これを含む5袋からはメタミドホスの成分は検出されていない。

読売新聞によると、これら6袋は兵庫県高砂市で家族3人が食べて中毒症状を訴えた問題の製品と同じ2007年10月1日に製造されたもので、ハッピース枚方からの苦情をJTフーズ日本たばこ産業子会社)が受けて、12月28日に回収を行ったものである。

関連ニュース[編集]

出典[編集]