中国製餃子中毒事件 天洋食品元社員の男を拘束

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年3月27日】

JTフーズ商品回収のポスターを掲示し注意を促している東大阪市のスーパーの冷凍食品売り場
最近公開された記事

日経新聞が中国新華社伝で伝えたところによると、中国の警察は3月26日(UTC+8)、冷凍餃子中毒事件で、天洋食品の元臨時工の36歳の男を拘束したことを発表した。

毎日新聞によると、この事件は2008年1月に発覚したもので、逮捕・拘束されている呂月庭容疑者(36歳)は、会社での給料などの待遇や特定の従業員への不満があり、その気晴らしとして餃子に毒物を混入させた疑いがもたれている。呂容疑者は容疑を認め、またこの餃子に薬物を注入したとされる注射器も押収された。

情報源[編集]