ドーピング検査で3人の選手が陽性反応、2人が大会追放処分となる - リオデジャネイロオリンピック

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)

【2016年8月13日】

最近の記事
解説・資料

スポーツ仲裁裁判所(CAS)によると、8月12日にリオデジャネイロオリンピックのウエイトリフティング男子94kgに出場しているトマシュ・ジェリンスキ選手(ポーランド)と陸上女子3000m障害種目に出場しているシルビア・ダネコバ選手(ブルガリア)の2人の選手について、資格停止処分とし、今回のリオデジャネイロオリンピックから追放すると発表した[1]。CASによると、ジェリンスキ選手はたんぱく同化ステロイド、ダネコバ選手からは造血ホルモンの反応が出たという[2]。また競泳女子100mバタフライで4位となった陳欣怡選手(中国)からも[1]利尿剤の陽性反応が出たとして暫定資格停止処分として、引き続き調査を行う[2]国際オリンピック委員会(IOC)はロシアによるドーピング不正問題を受けて、より公正な制度とするために[1]これまでIOCが行っていた処分の裁定を[3]今回のリオデジャネイロオリンピックから処分の決定等を独立した機関(CAS)が行っていて[1]、CASはリオデジャネイロに反ドーピング専門臨時出張所を設置していた。リオデジャネイロオリンピックにおけるCASによる裁定は今回が初めてとなった[2]。またIOCは大会前に一部の選手を対象に抜き打ち検査を行ったほか、大会期間中には世界アンチ・ドーピング機関公認の研究施設で尿検査と血液検査、合わせて5500件あまりを行うとしている[1]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 『ドーピング検査で2選手が陽性反応 資格停止処分に』日本放送協会、2016年8月13日。
  2. 2.0 2.1 2.2 リオデジャネイロ時事 『重量挙げと陸上の選手追放=ドーピング違反で-CAS〔五輪〕』時事通信、2016年8月13日。
  3. リオデジャネイロ=結城和香子 『ドーピングで2人除外…中国選手も暫定資格停止』読売新聞、2016年8月13日。

関連ニュース[編集]