トーク:神戸の切断遺体・行方不明女児のものと確認 近くに住む無職男逮捕

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

記事名に名前を入れなくても良いのではないでしょうか。報道各社が名前を入れている理由は行方不明時点で報道を行っており、行方不明者の名前と言う情報を予め説明しているからです。ウィキニュースでは殺人事件であると判明した時点で記事を作成しており、前提となる情報を事前に説明したわけではないため、名前は不要であると考えます。何事もシンプルに、客観的事実をありのままに記事名にして良いと思います。--Marine-Bluetalkcontribsmail 2014年9月26日 (金) 05:28 (UTC)

(お返事)そうですか。それなら、後ほど記事名を「神戸の切断遺体・行方不明女児のものと確認 近くに住む無職男逮捕」に改めたいと思います。MASA (トーク) 2014年9月26日 (金) 18:21 (UTC)

平成26年10月13日 (月) 00:35版の査読結果[編集]

  • 第2パラグラフですが、「兵庫県警の捜査員が見つけたとされている」とウィキニュース本文で記載されていますが、捜査関係者からの情報であり明らかな「確定」情報であるので、「されている」と伝聞調でわざわざ情報を不安定にさせる事もないと考えます。ハッキリと「確定」表現に改めてください。
  • 情報源1番目の発行元に「MSN産経ニュース」と表記されていますが、「産経ニュース」に改めて下さい。
  • 情報源5番目にある「スポーツニッポン」の記事名が異なっています。再確認願います。

以上、宜しくお願いします。馬面長伊奈 (トーク) 2014年11月5日 (水) 00:28 (UTC)

平成26年11月10日 (月) 18:42版の記事公開に対する、表現調整および実名公開判断[編集]

  • 第1パラグラフにて、年齢「6つ」と過剰と思える年少表現をしていたので、「6」に是正。各情報源を見ても「6つ」とする表現はありませんでした。
  • 被害者の「ちゃん」を「さん」付けに是正。ここいらの表現は各人でラインが異なるところであり、各情報源でも分かれるところですが、私の判断で表現調整させてもらいました。
  • ちょいちょい文末が情報源のままで、表現コピー感がするので(捜査に「踏み切った」とか)著作権抵触が心配であり、いくらか表現調整しました。よってぶっきらぼうとなった表現もあります。
  • 一般的な語句(コンビニとか診察券とか)に対してのwikipediaリンクは、「過剰リンクであり必要なし」と判断して、解除させてもらいました。
  • 句読点(。)増しと情報源明示をセットで行い、記事の読破性向上を図った。
  • 第2パラグラフと第3パラグラフを入替して、記事の読破性向上を図った。

なお、この記事は被害者と加害者の「実名」が記載されていますが、私の判断として「実名を記載して問題なし」と判断しました。

  • すでに「殺人事件」となっており、事件の重大性を考えると実名報道もやむを得ない。
  • 冤罪である要素は無し。
  • 被害者の両親や住居などの詳細情報は伏せられており、個人情報に対してのプライバシーは確保されていると判断。

私自身は以前に「トーク:倉敷の行方不明女児保護 岡山市の男を監禁で逮捕」にて、「「一般人の被害者」の氏名公開については、この件に限らず氏名を不用意に世間へ晒すべきでない」と強く主張させてもらったことがあるのですが、上記で挙げた通り「今回の記事」に対しては「実名を記載して問題なし」と判断したことを記しておきます。馬面長伊奈 (トーク) 2014年11月10日 (月) 09:46 (UTC)