NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」平均視聴率は18.6% 2004年以降で第3位の高視聴率

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年9月28日】

9月25日(UTC+9)に最終回が放送されたNHK朝の連続テレビ小説(朝ドラ)「ゲゲゲの女房」の全話平均視聴率が、関東地区で18.6%(ビデオリサーチ調べ)だったことが9月27日分かった[1][2]関西地区での平均視聴率は15.9%だった[1][2]

朝ドラの平均視聴率は前作「ウェルかめ」が過去最低の13.5%を記録し[1][2]、前々作も13%台に留まるなど低迷していたが[1]、本作は平均視聴率が20%を下回るようになった2004年度以降で[3]、2006年の「純情きらり」と2007年の「どんど晴れ」が記録した19.4%に次いで第3位となる高視聴率を達成した[1][3]

NHKでは本作で48年ぶりに朝ドラ枠の時間帯を変更し、NHK総合テレビでは従来より15分繰り上がった午前8時からの放送となった[2]。初回視聴率は14.8%(関東地区、以下同様)と過去最低を記録したが[2][3]、その後着実に上昇し、月平均視聴率は4月期の16.1%から9月(18日まで)期には20.7%まで上昇[3]。25日放送の最終回の視聴率は、全話中最高となる23.6%を記録した[2][3]

情報源[編集]

本ニュースは「朝日新聞」、「共同通信」および「まんたんウェブ」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 asahi.com 『「ゲゲゲの女房」平均視聴率18.6% 関東地区』朝日新聞社、2010年9月27日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 47NEWS 『NHK朝ドラ、久々の好視聴率 「ゲゲゲ」18・6%』共同通信社、2010年9月27日。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 まんたんウェブ 『ゲゲゲの女房 :最終回視聴率23.6% 平均18.6%は04年以降3位』毎日新聞社、2010年9月27日。

関連ニュース[編集]