JR大阪駅がリニューアルオープン、JR大阪三越伊勢丹が開業

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2011年5月4日】

大阪ステーションシティ。奥のビルがJR大阪三越伊勢丹が入居する『ノースゲートビルディング』。
ノースゲートビル(2011年4月 GFDL
グランドリニューアルが完成し、ゴールデンウィークの行楽客やオープンした新駅舎を見ようと大阪駅中央通路は人でごった返した(2011年5月4日 GFDL
JR大阪・三越伊勢丹(2011年5月4日オープン当日 GFDL
Lucua。夜になっても市民の人通りが絶えない(2011年5月4日オープン当日 GFDL
2011年鉄道関連ニュース

朝日新聞産経新聞によると、JR大阪三越伊勢丹大阪市北区)が、5月4日UTC+9)にJR大阪駅北側に隣接する『ノースゲートビルディング』に開業した。

朝日新聞によると、JR大阪三越伊勢丹は、地下2階・地上10階建てで、売場面積は5万平方メートル三越伊勢丹の両名を冠しての出店は初めてのこととなる。梅田エリアは、阪急阪神の両百貨店大丸梅田店と合わせて百貨店4店が集積し、日本国内屈指の激戦区となることとなった。三越伊勢丹の梅田進出が決まって以降、大阪キタミナミの商業集積地を中心として、三越伊勢丹のライバルに当たる百貨店の多くが大幅な増床や建て替えに着手しており、生き残りをかけた競争が厳しさを増している。

産経新聞によると、この日の同店には、朝早くから多数の客が詰め掛けて行列が長くなったため、混乱を避ける目的で、異例の45分繰り上げ開店となった。

朝日新聞によると、JR大阪三越伊勢丹の伊藤達哉店長は、オープン後に、「東日本大震災によって日本全体のムードが停滞しているが、大阪から日本を元気にする切っ掛けになれば嬉しい」とコメントした。

また、朝日新聞によれば、同日には、リニューアルした大阪駅・『大阪ステーションシティ』もグランドオープン。新設された複合ビル・ノースゲートビルディングの西側に入居のJR大阪三越伊勢丹の他、新たな商業施設・『LUCUA(ルクア)』(売場面積:2万平方メートル)や、シネマコンプレックスなども開業した。 JR西日本によれば、来店客数は、同日午後4時現在でJR大阪三越伊勢丹が約17万6,600人、ルクアは約13万2,000人だった模様。

産経新聞によると、JR大阪三越伊勢丹が設定している初年度売上高の目標値の550億円は、「低めの設定では」(百貨店関係者)との指摘もあるが、同社の松井達政社長は、「伊勢丹は新参者であり、知名度が無い」と、慎重な姿勢を見せている。

情報源[編集]

関連ニュース[編集]