JR大阪駅の新しい橋上駅舎、利用開始

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2011年4月11日】

改装後の大阪駅(大阪ステーションシティ) GFDL
大阪駅中央連絡通路に設置されたLED電車案内表示板(2011年4月8日) GFDL
大阪駅中央連絡通路からホームを望む(2011年4月11日) GFDL
橋上駅舎に設置された中央連絡通路(2011年4月11日) GFDL
2011年鉄道関連ニュース

産経新聞朝日新聞によると、JR大阪駅ホームを跨ぐ新しい橋上駅舎が完成し、4月11日UTC+9)から使用開始された。

朝日新聞によると、橋上駅舎の壁はガラス張りで、約6メートルの高さから停車中の列車を見下ろすことができ、新たな待ち合わせスポットとしての人気も期待される。

朝日新聞によると、連絡橋は、長さ86メートル、幅12メートル。大丸の入居する南側の『サウスゲートビル(旧・アクティ大阪)』と、JR大阪三越伊勢丹などが入る駅北側の『ノースゲートビル』(5月4日オープン予定)とを繋ぐ。ノースゲートビルがオープンすると、1874(明治7)年の同駅開業以来5代目となる新生・大阪駅が完成することになる。

産経新聞によると、従来の各線のホームから階段を下って改札口に向かうという動線に加えて、新たにホームから階段を上がって連絡橋に位置する改札口に向かうという2つ目の動線が成立し、これにより同駅構内の混雑緩和が図られる。

朝日新聞によると、連絡橋と接続する橋上駅舎には、自動改札機が10カ所備えられた。JR西日本は、同駅の1日の乗降客85万人のうち10万人が利用すると想定している。同駅の「発車表示板」は、これまで3色表示のLEDが使用されていたが、橋上駅舎に於いては、視認性に優れる全色表示の表示板も新たに21台登場した。

産経新聞によると、同駅北側の『ノースゲートビルディング』と、橋上駅舎屋上の『時空(とき)の広場』が5月4日に開業することで、新装なった大阪の玄関口の整備が完了することになる。

情報源[編集]