300系新幹線電車がラストラン

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2012年3月16日】

300系新幹線電車
2012年鉄道関連ニュース

東海道・山陽新幹線の初代「のぞみ」として1992年にデビューし、長年に亘り両新幹線で運行されてきた300系が、3月16日UTC+9)にラストランを迎えた。

産経新聞によると、この日、東京駅ホームには、東京-新大阪間でのラストランを見る目的で、多くの鉄道ファンらが集まった。

産経新聞によると、最終運行列車は「のぞみ329号」で全席指定席。約1,300席が、1ヵ月前の発売と同時に即日完売した。ラストラン当日は、朝早くからホームで撮影するため場所取りをするファンの姿も見られた。出発時刻が近付くにつれ、ホームは大混雑の状況となった。

毎日新聞によると、ラストランの出発式で、JR東海の吉川直利・新幹線鉄道事業本部長が、「300系は今日で20年間の走行を終了するが、300系で培った技術を更に磨き上げ、新幹線を今後も発展させていきたい」と挨拶。乗務員への花束贈呈が行われた後、定刻の午前10時47分に同駅を発車した。産経新聞によれば、発車時に、ファンらが一斉にデジタルカメラカメラ付き携帯電話などで撮影。「ありがとう」、「お疲れさま」などと手を振るファンも見られた。

産経新聞によると、300系は、斜面の鋭い先頭形状から「鉄仮面」の愛称で親しまれた。それまでの車両より50キロ速い最高時速270キロで走行し、東京-新大阪間の所要時間を19分短縮し2時間半で結んだ。

情報源[編集]

関連ニュース[編集]