JR東日本 山田線の2駅の冬季休業を発表

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2012年12月9日】

2012年鉄道関連ニュース


JR東日本は12月4日[注釈 1]UTC+9)、岩手県盛岡市に所在する同社山田線大志田駅浅岸駅の両駅を来年1月から3月15日まで冬季休業とし、全列車の停車を見合わせることを発表した[1][2]。同社盛岡支社によると、利用者の少なさなどが理由であるという[1]臨時駅を除くと、JRの鉄道駅で冬季休業を行うのは初めてである[2]

両駅に停車する列車は、大志田駅が上り2本・下り1本、浅岸駅が上り3本・下り2本[1]。同社によると、両駅は冬季においては利用客がほとんどなく[1][2]、月平均利用者が両駅合計で5人未満[2]、1日平均では1人に満たない[1]。またいずれも無人駅のため、除雪作業などの[2]利用客の安全確保が困難であるという問題もあるという[1][2]

同社の鉄道駅では、福島県福島市奥羽線赤岩駅が12月から来年3月25日までの予定で既に冬季休業を行っている[2]。赤岩駅を含む3駅は、いずれも「秘境駅」として鉄道ファンに知られた駅である[2]

注釈[編集]

  1. 日付は岩手日報より

情報源[編集]

本ニュースは・岩手日報および読売新聞の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 岩手日報WebNews 『大志田駅と浅岸駅は冬期間通過 JR山田線』岩手日報社、2012年12月5日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 YOMIURI ONLINE 『東北の秘境3駅、冬季休止…JR山田線・奥羽線』読売新聞、2012年12月7日。