中国、世界最長の高速鉄道が開通

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2012年12月26日】

中国高速鉄道の主力車両・CRH380A型
中国の高速鉄道網
2012年鉄道関連ニュース

産経新聞日本経済新聞によると、中国首都北京市から広東省広州市までの2,298キロ高速鉄道(中国版新幹線)が、12月26日中国標準時UTC+8)に全線開通した。

産経新聞によると、路線の総延長は、東海道・山陽新幹線東京-博多間)の約2倍の営業距離となり、中国鉄道省では「世界最長の高速鉄道」であるとしている。また、日本経済新聞によれば、これまで同区間は在来線で約21時間かかっていたのが、約8時間に短縮される。2015年には香港まで延伸する計画もある。

日本経済新聞によると、北京―広州間の沿線には、河南省鄭州湖北省武漢など5省都が並んでおり、同国の高速鉄道網から鑑みると、約30の大都市が結ばれたことになる。中国政府は、高速鉄道網の整備により、沿岸部と内陸部との間での移動を活発にすることで、内需拡大を図る方針である。

産経新聞によると、高速鉄道列車には、東北新幹線の「はやて」の技術をベースに中国が独自開発した「CRH380A型」などが在籍する。中国鉄道省では、この路線での長距離運行の実績などもPRすることで、「中国製の高速鉄道」として、車両路線システムなどの輸出を本格化する方針である。また、日本経済新聞が中国鉄道省の話として伝えたところによれば、最高速度時速350キロに設定されているが、安全面への配慮から当面は最高時速約300キロでの運行となる。

日本経済新聞によると、中国政府は、昨年7月の浙江省温州での高速鉄道事故を切っ掛けに、高速鉄道への投資を凍結してきたが、その後、景気減速感が強まったことなどを背景に、一旦は凍結した鉄道建設について、再び経済の牽引役として活用する目的で再開。鉄道省によると、2012年の高速鉄道への年間投資額は4960億日本:約6兆7,000億円)とされる。

情報源