2010参院選 期日前投票、前回より15%増

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本の各種選挙で使われる投票箱(大阪市今津)

最近の記事
GFDL) 2010年参議院選挙大阪府選挙区から立候補した北川イッセイ氏の選挙事務所 大阪市北区で
選挙投票 GFDL資料=2009年衆院選 東大阪市稲田で

【2010年6月29日】

朝日新聞と毎日新聞によると、日本総務省参議院選挙選挙区選挙での期日前投票の6月28日(UTC+9)現在の中間状況(6月25-27日の統計)を発表した。それによると、前回・2007年の選挙の公示から3日間の時(68万3046人[1])と比べておよそ15%増加の78万6752人が期日前投票に参加したという統計が出た。

朝日によると、都道府県別の統計では、大分県が112.62%増と前回同時期から見て2倍以上増加で突出し、これに熊本県(85.05%増)、徳島県(80.81%増)などと続いている。逆に最低は群馬県の51.41%減。次に新潟県の18.40%減など、11の道県で前回から下回った。また読売新聞によると投票参加者数の最多は大阪府の7万1044人、次いで東京都(6万1997人)、福岡県(5万8263人)など。

毎日によると、この期日前投票は2003年12月に制度化されたが、大型国政選挙では今回が5回目。特に2007年の前回の参院選・選挙区では史上初めて1000万人を超え(1079万8737人)、全投票者の17.76%を占めている。また2009年にあった衆議院総選挙小選挙区の選挙では1398万4085人で全投票者の19.42%であり、期日前投票の占める割合は上昇の傾向にあるという。

情報源[編集]

  1. 朝日より