2010参院選公示 17日間の舌戦始まる

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年6月24日】

日本の各種選挙で使われる投票箱(大阪市今津)

最近の記事
GFDL) 2010年参議院選挙へ向けた日本共産党の街頭宣伝活動 大阪市難波で
GFDL) 2010年参議院選挙大阪府選挙区から立候補した大川朗子さんの選挙事務所 大阪市南森町で

NHKによると、第22回参議院通常選挙が6月24日(UTC+9 以下同)に日本全国一斉に公示され、7月11日に予定される投票日へ向けた17日間の選挙戦に入った。

NHKによると、選挙への立候補の受付は6月24日午前8:30から、選挙区各都道府県選挙管理委員会比例代表東京都内中央選挙管理会でそれぞれ行われ、同午後5:00を持って締め切られた。

毎日新聞とNHKによると、立候補を届け出た候補者は全国で438人(定数121人)で、うち選挙区選挙に251人(同73人)、比例代表選挙に12の政党・政治団体から187人(同48人)が立候補している。政党別の内訳は次の通り(括弧くくり内は選挙区/比例区のそれぞれの候補人数/非改選人数。また配列は毎日の記述に基づいて並べている)。

  1. 上掲政党・団体以外では幸福実現党日本創新党女性党からの立候補者がいる

毎日によると、前回・2007年の選挙からの比較で立候補者人数は選挙区33人増、比例代表28人増の全体で61人増となった。候補者が400人を超えたのは2001年の選挙以来9年ぶりになる。またNHKによると、競争率は選挙区が3.44倍、比例代表区は3.9倍。女性の候補者は前回より9人多い100人丁度である。また選挙区選挙の新旧別は、現職議員55人、元議員4人、新人192人。

NHKによると立候補届出を済ませた候補者らは早速各地街頭で有権者に支持を訴えた。今選挙は民主・国民新党の両与党が非改選を含めた参議院の過半数を維持できるかどうかや、消費税引き上げ問題などを争点に展開されるものとみられる。

情報源[編集]