2005年12月の平均気温、西日本と東日本で観測史上最低を記録

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年1月5日】 日本の気象庁は1月4日、2005年12月の天候のまとめを発表し、平均気温は西日本と東日本で1946年の観測開始以降最も低い気温となったことが分かった。北日本と南西諸島でも20年ぶりの低い気温となった。

註)気象庁の用語では、北日本=北海道・東北、東日本=関東甲信・東海・北陸、西日本=近畿・中国・四国・九州、南西諸島=九州本土より南の鹿児島県・沖縄県、の各地域を示す。

気象庁によれば、12月の気温は平年に比べ、西日本で2.8度、東日本で2.7度、北日本で1.9度、南西諸島で1.5度それぞれ低かった。また、日本各地の29観測地点で12月の平均気温の最低記録を更新したほか、24地点で12月の月間合計降雪量の記録を更新、106地点で12月の最深積雪記録を更新した。全国的な低温の原因は、非常に強い寒気が長期間に渡って流れ込み、西高東低の冬型の気圧配置となる日が多かったためで、全体的には20年ぶりの低温となった。

また日本経済新聞は、この厳しい寒さの影響で暖房器具や光熱費などの消費が伸びて、GDPを6500億円程度押し上げる可能性があると第一生命経済研究所が試算していることを報じた。

関連記事[編集]

12月の気象関連ニュース
最近の気象記録関連ニュース

出典[編集]